全英OPカーヌスティに凝縮されていたリンクスコースの魅力

公開日:

 これが本場リンクスコースなのだ。

 一見すれば河川敷コースのようだが、全英オープンの会場となったカーヌスティのフェアウエーは硬くてボールがよく転がった。選手にとってリンクス最大の驚異は目まぐるしく変わる天候といわれたが、今年は強風や冷たい雨が少なく、フェアウエーに悩まされていた。

 どんなに良いショットでも、どちらに転がるか予測不能。センター方向に打ち出してもバウンド次第でポットバンカーやラフにつかまったり、クリークに飛び込んでしまうこともあった。

 2位フィニッシュのマキロイが、「攻めのゴルフをすればバーディーも出るが、同時にボギーの危険性も高まる」と語ったが、それがカーヌスティなのだ。

 勝ったモリナリは風が強くなった最終日に、無理をせずに13番までパープレーを続けたのも堅実だったといえる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  2. 2

    裏交渉も暴露され…ロシア人も哀れむ安倍政権“土下座”外交

  3. 3

    巨人ナインに深刻“長野ロス”…超気配り男の逸話伝説も数々

  4. 4

    海老蔵は“秒読み”? 没イチ男性が死別再婚する時の注意点

  5. 5

    自公3分の2圧勝シナリオ 1.28通常国会“冒頭解散説”急浮上

  6. 6

    仏当局捜査“飛び火”か 五輪裏金疑惑で日本政界が戦々恐々

  7. 7

    初登場G球場で“孤独トレ” 丸は巨人で「我」を貫けるのか

  8. 8

    また生え抜き看板…巨人“大チョンボ”長野流出の真相と波紋

  9. 9

    アニキが勧誘も…前広島・新井が「阪神コーチ」断っていた

  10. 10

    USJ導入で注目 深刻な人手不足に「変動料金制」拡大の予感

もっと見る