出遅れ110位 松山はショット&パットに精彩欠き予選落ちも

公開日:

【全英オープン】

 メジャータイトルに一番近い日本人選手として注目を集める松山英樹(26)が、4オーバー、110位タイと大きく出遅れた。

 大会直前にあった米PGAツアー公式サイトでの優勝予想ランキングも20位と人気薄だったが、この日はショット、パットともに精彩を欠いた。

 プレー中はミスにうなだれるシーンが多く、足取りも重く元気がなかった。

 出だし1番で読み通りにライン上を転がっていた6メートルのバーディーパットがカップ手前で止まり、「何で?」と怪訝そうな表情を見せると、続く2番では1.5メートルのパーパットを左に外してボギーが先行した。

 5番は3パットボギー。3メートルと絶好のバーディーチャンスを迎えた6番ではカップを半周して飛び出てしまう。そして8番は3メートルのパーパットを決められずにスコアを崩す一方だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  3. 3

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  4. 4

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  5. 5

    たけし軍団で活躍 宮崎に移住した大森うたえもんさんは今

  6. 6

    森友問題のキーマン 体調不良を理由に「出廷拒否」の仰天

  7. 7

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  8. 8

    ホクロ除去した宮沢りえ 本当の目的は森田剛との“妊活”か

  9. 9

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る