• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は札幌第一や北大津など全国の各校で臨時コーチを務める。

スポーツ紙が1面で騒ぐ横浜高4番・万波中正“本当の実力”

 古巣・横浜高(南神奈川)の夏の県3連覇は立派である。4番の万波中正(3年)が復活。横浜スタジアムの最上段へ特大弾を放つなど、南神奈川大会は高校通算40号となるチームトップの2本塁打、12打点でチームを牽引した。

 190センチ、89キロ。父はコンゴ出身で身体能力は抜群だ。同じハーフ選手のオコエ(現楽天)と比べてもパンチ力は万波の方が上。オコエより足は遅いが、遠投105メートルと強肩だ。

 2年前に横浜スタジアムのバックスクリーンへ放り込み、スーパー1年生として衝撃的なデビューを飾ったが、その後は伸び悩んだ。

 年明けには、レギュラークラスにだけ許される寮生活が剥奪され、都内の自宅から片道90分かけての通学を強いられるようになった、と新聞では報じられている。しかし、寮から出されたのは、レギュラーを外されたからではない。野球に取り組む姿勢、私生活も自覚が足りないと、平田徹監督(35)にペナルティーを科せられた。つまり干されたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  3. 3

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  4. 4

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

  5. 5

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  6. 6

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  7. 7

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  8. 8

    内部留保が過去最高446兆円 貯め込んでいる大企業はココだ

  9. 9

    今季でクビの選手が続出? 阪神“不良債権”11億円の中身

  10. 10

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

もっと見る