小倉清一郎
著者のコラム一覧
小倉清一郎元横浜高校野球部部長

1944年(昭19)6月16日、神奈川県横浜市生まれの71歳。横浜―東農大を経て三菱自動車川崎―河合楽器で捕手として活躍。現役引退後、東海大一(現東海大翔洋)―横浜―横浜商―横浜で監督、部長を歴任。松坂、成瀬、涌井、筒香ら多くのプロ野球選手を育てた。98年の春夏連覇を含め、3度の甲子園優勝。渡辺前監督を支える名伯楽として主に技術面を指導した。対戦校の投手陣や打線の戦術分析に定評があり、名参謀と呼ばれた。14年夏限りで横浜のコーチを退任。現在は山梨学院や熊本・城北など、全国の各校で臨時コーチを務める。

スポーツ紙が1面で騒ぐ横浜高4番・万波中正“本当の実力”

公開日:

 古巣・横浜高(南神奈川)の夏の県3連覇は立派である。4番の万波中正(3年)が復活。横浜スタジアムの最上段へ特大弾を放つなど、南神奈川大会は高校通算40号となるチームトップの2本塁打、12打点でチームを牽引した。

 190センチ、89キロ。父はコンゴ出身で身体能力は抜群だ。同じハーフ選手のオコエ(現楽天)と比べてもパンチ力は万波の方が上。オコエより足は遅いが、遠投105メートルと強肩だ。

 2年前に横浜スタジアムのバックスクリーンへ放り込み、スーパー1年生として衝撃的なデビューを飾ったが、その後は伸び悩んだ。

 年明けには、レギュラークラスにだけ許される寮生活が剥奪され、都内の自宅から片道90分かけての通学を強いられるようになった、と新聞では報じられている。しかし、寮から出されたのは、レギュラーを外されたからではない。野球に取り組む姿勢、私生活も自覚が足りないと、平田徹監督(35)にペナルティーを科せられた。つまり干されたのである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る