3年前の甲子園での戦いぶりや成績は大きなヒントになる

公開日:

 スポーツマスコミはもちろん、出場校の関係者ですら本命視する大阪桐蔭に、昨秋の明治神宮大会準決勝で土をつけたのが創成館(長崎)だ。

 在阪球団のあるスカウトに言わせると、「エース左腕の川原を筆頭にドラフト候補の投手が3人ほどいる」そうだ。

「彼らをはじめ、いまの3年生が創成館に入学を決めたのは、3年前の夏の甲子園での戦いぶりがきっかけだったと聞いています」と、地元・長崎のマスコミ関係者がこう言った。

「創成館は3年前、つまり15年夏の甲子園の1回戦で天理にサヨナラ勝ちした。13、14年と前年まで2年続けてセンバツに出場しながらいずれも初戦敗退でしたが、ようやく甲子園で1勝した。しかも強豪の天理を下したその試合を、当時中学3年生だった彼らが見て入学を決意した。中学時代にボーイズやシニアでそこそこ活躍していた彼らが、自分たちも創成館で甲子園を目指そうと思った。それで力のある選手たちが集まったのです」

 ちなみに今回の出場校のうち、15年夏の甲子園で活躍が目立ったのは仙台育英(宮城=ベスト4)、興南(沖縄=ベスト8)、花咲徳栄(埼玉=ベスト8)、花巻東(岩手=3回戦)などだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る