• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

3年前の甲子園での戦いぶりや成績は大きなヒントになる

 スポーツマスコミはもちろん、出場校の関係者ですら本命視する大阪桐蔭に、昨秋の明治神宮大会準決勝で土をつけたのが創成館(長崎)だ。

 在阪球団のあるスカウトに言わせると、「エース左腕の川原を筆頭にドラフト候補の投手が3人ほどいる」そうだ。

「彼らをはじめ、いまの3年生が創成館に入学を決めたのは、3年前の夏の甲子園での戦いぶりがきっかけだったと聞いています」と、地元・長崎のマスコミ関係者がこう言った。

「創成館は3年前、つまり15年夏の甲子園の1回戦で天理にサヨナラ勝ちした。13、14年と前年まで2年続けてセンバツに出場しながらいずれも初戦敗退でしたが、ようやく甲子園で1勝した。しかも強豪の天理を下したその試合を、当時中学3年生だった彼らが見て入学を決意した。中学時代にボーイズやシニアでそこそこ活躍していた彼らが、自分たちも創成館で甲子園を目指そうと思った。それで力のある選手たちが集まったのです」

 ちなみに今回の出場校のうち、15年夏の甲子園で活躍が目立ったのは仙台育英(宮城=ベスト4)、興南(沖縄=ベスト8)、花咲徳栄(埼玉=ベスト8)、花巻東(岩手=3回戦)などだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  2. 2

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  7. 7

    トップ3は韓国勢でも LPGAは主催者に放映権を要求するのか

  8. 8

    大谷“19勝&350打席”監督予言 2年後には年俸総額150億円も

  9. 9

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  10. 10

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

もっと見る