• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゴジラと原氏の前で…G由伸監督“超攻撃的打線”で狙う続投

 巨人の高橋由伸監督(43)が超攻撃的な打線を組んだ。

 8日の阪神戦で4番・岡本を今季初めて左翼に回し、5番・一塁に阿部、3番・三塁にマギーを起用。DHの使える交流戦以外では初となる3人併用の新オーダーが、いきなり機能した。

 初回2死走者なしから、マギーが中前打。続く岡本が左中間二塁打でつなぐと、6月17日以来のスタメンとなった阿部が右翼席へ3ラン。巨人はこの3点を守り切った。

 この日は日本テレビ系で地上波中継され、OBの松井秀喜(44=ヤンキースGM付特別アドバイザー)が、原辰徳前監督(60)とダブル解説。臨時コーチとして今春のキャンプで指導した岡本が4番に座ってブレークし、「大変失礼ながら、ここまでやるとは思わなかった」と脱帽した。

 日テレ関係者は「今年最後の地上波中継のナイター。でも視聴率は2ケタに届かないでしょう。松井さんはやっぱりユニホームを着てほしい」と力を込める。日テレに限らず、求められるのは「ゴジラ監督」だが、当の本人は相変わらずノラリクラリである。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    崩れた圧勝皮算用 安倍3選という「終わりの始まり」<上>

  7. 7

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  8. 8

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  9. 9

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  10. 10

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

もっと見る