巨人にまた故障者…それでも由伸監督は“評価上昇”の不思議

公開日: 更新日:

 巨人にまた故障者が出た。

 9日の阪神戦の初回、1番に起用されたマルティネスが左中間へ二塁打。阪神の中継プレーがもたつく間に、好走塁で三塁を陥れた。続く重信の適時打であっという間に先制のホームを踏んだものの、二回の守備から退いた。

 球団によると、三塁に頭からジャンプしてヘッドスライディングをした際、左手小指を痛めたという。

 まさに二の舞いだ。1日のDeNA戦でも吉川尚が一塁にヘッドスライディングした際に左手を骨折した。学ばない球団といわれても仕方がない。

 ここにきて故障者が続出している。

 野手はこの2人以外にも、主将の坂本勇が左脇腹の肉離れで戦列を離れている。

 投手陣も、守護神を務めていたマシソンが左膝痛で不在。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  7. 7

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  8. 8

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  9. 9

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  10. 10

    楽天平石監督の退任騒動とヤクルト小川監督辞任の“点と線”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る