• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

巨人にまた故障者…それでも由伸監督は“評価上昇”の不思議

 巨人にまた故障者が出た。

 9日の阪神戦の初回、1番に起用されたマルティネスが左中間へ二塁打。阪神の中継プレーがもたつく間に、好走塁で三塁を陥れた。続く重信の適時打であっという間に先制のホームを踏んだものの、二回の守備から退いた。

 球団によると、三塁に頭からジャンプしてヘッドスライディングをした際、左手小指を痛めたという。

 まさに二の舞いだ。1日のDeNA戦でも吉川尚が一塁にヘッドスライディングした際に左手を骨折した。学ばない球団といわれても仕方がない。

 ここにきて故障者が続出している。

 野手はこの2人以外にも、主将の坂本勇が左脇腹の肉離れで戦列を離れている。

 投手陣も、守護神を務めていたマシソンが左膝痛で不在。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る