• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

強気居座りの根拠に…山根前会長を支持する不気味な“残党”

 この期に及んでまだ神輿を担ごうとする人間がいるというのだからオドロキである。

 助成金の不正流用、暴力団との交際などが問題視され、日本ボクシング連盟の会長、理事を辞任した山根明氏(78)はそれでも、関西連盟会長と奈良県連盟名誉会長の座には固執する姿勢を見せている。

 大阪市内の自宅前で報道陣に囲まれた12日も、日本連盟会長を辞任したことについては「スカッとした」と話した一方、関西連盟トップの進退に関しては「面白半分に聞くな!」と明言を避けた。すでに「オレは死ぬまでアマチュアボクシングに関わる」と明言しており、告発側が求める「追放」「除名」に応じる気はさらさらない。

「反社会的勢力との交友が明るみに出て、さらには告発者サイドから『奈良判定』、つまり審判に対する不正判定の強要疑惑を裏付ける、新たな証拠音声も公表された。前会長は、『一部分を切り取って悪意を持って伝えている』と否定しているが、音声テープは『試合で接戦したらやっぱり奈良やな』『奈良の選手に(優勢を)つけないということは俺に逆らっているのかということになる』とハッキリ言っている。それでも山根前会長を支持する人間が一定数いるのです。前会長を告発した333人のうち、告発状に名を連ねている地方連盟は33都道府県。その中でトップの会長が行動を起こしているのは12都道府県です。告発側に賛同する地方連盟が増えつつあるとはいえ、逆に言えば14都道府県連盟と、それ以上の数の県連会長と理事がいまだに山根前会長に反旗を翻していない。これが山根前会長の強気の理由のひとつです」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  2. 2

    やはり妊娠?デキ婚でもビクともしない前田敦子の“規格外”

  3. 3

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  4. 4

    安倍3選で現実味を増す “日本版リーマン・ショック”の到来

  5. 5

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

  6. 6

    シールで聴衆選別…「ヤメロ」コール徹底排除した安倍陣営

  7. 7

    美女とデート報道 田原俊彦は干されても腐らず再ブレーク

  8. 8

    恫喝して票集めるよりも 討論会用の替え玉を用意したら?

  9. 9

    ロング丈ワンピ姿に注目 前田敦子はやっぱり“おめでた”か

  10. 10

    進次郎氏当日まで完黙…裏に父・小泉元首相“ゴルフ密約説”

もっと見る