強気居座りの根拠に…山根前会長を支持する不気味な“残党”

公開日:

 この期に及んでまだ神輿を担ごうとする人間がいるというのだからオドロキである。

 助成金の不正流用、暴力団との交際などが問題視され、日本ボクシング連盟の会長、理事を辞任した山根明氏(78)はそれでも、関西連盟会長と奈良県連盟名誉会長の座には固執する姿勢を見せている。

 大阪市内の自宅前で報道陣に囲まれた12日も、日本連盟会長を辞任したことについては「スカッとした」と話した一方、関西連盟トップの進退に関しては「面白半分に聞くな!」と明言を避けた。すでに「オレは死ぬまでアマチュアボクシングに関わる」と明言しており、告発側が求める「追放」「除名」に応じる気はさらさらない。

「反社会的勢力との交友が明るみに出て、さらには告発者サイドから『奈良判定』、つまり審判に対する不正判定の強要疑惑を裏付ける、新たな証拠音声も公表された。前会長は、『一部分を切り取って悪意を持って伝えている』と否定しているが、音声テープは『試合で接戦したらやっぱり奈良やな』『奈良の選手に(優勢を)つけないということは俺に逆らっているのかということになる』とハッキリ言っている。それでも山根前会長を支持する人間が一定数いるのです。前会長を告発した333人のうち、告発状に名を連ねている地方連盟は33都道府県。その中でトップの会長が行動を起こしているのは12都道府県です。告発側に賛同する地方連盟が増えつつあるとはいえ、逆に言えば14都道府県連盟と、それ以上の数の県連会長と理事がいまだに山根前会長に反旗を翻していない。これが山根前会長の強気の理由のひとつです」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る