強気居座りの根拠に…山根前会長を支持する不気味な“残党”

公開日:

 この期に及んでまだ神輿を担ごうとする人間がいるというのだからオドロキである。

 助成金の不正流用、暴力団との交際などが問題視され、日本ボクシング連盟の会長、理事を辞任した山根明氏(78)はそれでも、関西連盟会長と奈良県連盟名誉会長の座には固執する姿勢を見せている。

 大阪市内の自宅前で報道陣に囲まれた12日も、日本連盟会長を辞任したことについては「スカッとした」と話した一方、関西連盟トップの進退に関しては「面白半分に聞くな!」と明言を避けた。すでに「オレは死ぬまでアマチュアボクシングに関わる」と明言しており、告発側が求める「追放」「除名」に応じる気はさらさらない。

「反社会的勢力との交友が明るみに出て、さらには告発者サイドから『奈良判定』、つまり審判に対する不正判定の強要疑惑を裏付ける、新たな証拠音声も公表された。前会長は、『一部分を切り取って悪意を持って伝えている』と否定しているが、音声テープは『試合で接戦したらやっぱり奈良やな』『奈良の選手に(優勢を)つけないということは俺に逆らっているのかということになる』とハッキリ言っている。それでも山根前会長を支持する人間が一定数いるのです。前会長を告発した333人のうち、告発状に名を連ねている地方連盟は33都道府県。その中でトップの会長が行動を起こしているのは12都道府県です。告発側に賛同する地方連盟が増えつつあるとはいえ、逆に言えば14都道府県連盟と、それ以上の数の県連会長と理事がいまだに山根前会長に反旗を翻していない。これが山根前会長の強気の理由のひとつです」(関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  5. 5

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  6. 6

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  7. 7

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  8. 8

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  9. 9

    安倍首相の「フェイク発言」を追及しない本土のマスコミ

  10. 10

    今度は連ドラ初出演…田中みな実“媚びた笑顔”に隠れた野心

もっと見る