会長追放も…山根派vs再興する会“仁義なき戦い”は第2幕へ

公開日: 更新日:

 8日に「辞任」を表明した日本ボクシング連盟のドン、山根明氏(78)だが、どの役職を辞任したのかが、いまだ不透明だ。9日、山根氏は報道各社の取材に対し「会長、理事とも辞任した」と語り、毎日新聞には「会長と理事の2つを辞めるのだから、連盟も退会するということ」と説明した。

 問題は「関西ボクシング連盟理事長」の肩書も捨てたのかどうか。8日の日本連盟の会見で、吉森照夫専務理事(73)は「私は関東連盟理事長なので、関西連盟のことにはタッチしていない」などと曖昧にしていただけに、「関西連盟の中での生き残りを図るだろう」という見方が根強い。そうなると結局、アマチュアボクシング界の山根支配は残されたままだが、「日本ボクシングを再興する会」の関係者はこう言う。

「山根氏が関西連盟に居座るようなことがあれば、助成金流用で刑事告発します。音声テープという証拠もありますからね。JOC(日本オリンピック委員会)の要請により、第三者委員会も立ち上がります。山根氏が刑事訴追されれば、連盟からの除名は避けられない。私たちは、山根氏を日本のボクシング界から永久追放するまで徹底的に戦います」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  2. 2

    話題の巨人・丸“あっち向いてホイ打法”を広島・誠也に聞く

  3. 3

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  4. 4

    劣化が止まらない日本 安倍政権6年半の「なれの果て」

  5. 5

    虎戦力外の鳥谷をスルー 巨人今オフ補強“本命”は広島菊池

  6. 6

    夜の六本木から小栗旬グループが消えた…“なるほど”な理由は

  7. 7

    巨人坂本 悲願の打撃2冠狙うも「2つの敵」が立ちはだかる

  8. 8

    視聴率2ケタ健闘 韓国ドラマの日本版が意外にも好評な理由

  9. 9

    土屋太鳳&山崎賢人まさかの4度目共演…焼けぼっくいに火?

  10. 10

    本命は高津、対抗が池山…ヤクルト次期監督“大穴”候補とは

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る