• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

山根会長の“子飼い”…吉森専務理事が逆ギレ会見でドン擁護

 8日に辞任を表明した日本ボクシング連盟の山根明会長(78)。アマチュアボクシング界の“ドン”のあっけない退陣劇だったが、問題の収束はまだまだ見えてこない。新たにぶったまげるような証拠が飛び出したが、またトンデモ人物が現れた。

■当事者意識はゼロ

 山根氏の辞任発表後、告発者側である「日本ボクシングを再興する会」も会見を行い、山根氏の不正を裏付ける2本の音声テープを公開。どちらも、2016年に録音されたもので、1本目には同年4月、日本連盟の“女帝”内海祥子常務理事と女性事務職員との電話でのやりとりが、2本目には同年2月の山根氏の発言が記録されていた。 ※記事の最後に【肉声】あり

 女帝は会話の中で、「(試合に勝つのは)芦屋じゃないの。そのために会長が審判を集めてんだから。正しく(審判を)やっちゃうといけない」などとホンネをポロリ。衝撃的なのは、いわゆる「奈良判定」を巡るドンの肉声である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スピード婚と長すぎる春 結婚生活が長持ちするのはどっち

  9. 9

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る