日ハム清宮“起爆剤起用”の功罪…昇格即HR連発もDHに懸念

公開日:

「完璧でした。コースは覚えていない。無心でした」

 こう力強く話したのが、日本ハムの清宮(19)だ。22日のソフトバンク戦で、2点ビハインドの六回に先発のバンデンハークから一時は逆転となる3号3ラン。1カ月半ぶりに一軍昇格を果たした前日の試合でも本塁打を打っており、復帰即2戦連発だ。

 ベンチで若武者を迎えた栗山監督といえば、にやけっぱなし。清宮の昇格には「周囲の大反対を押し切った」と話していただけに得意満面だった。

 しかし、この2試合はいずれもDH起用。7月中に発症した右ヒジ炎症の影響で、二軍で実戦復帰後も守備には就いていない。かねて清宮の課題は守りといわれており、一塁守備もこなしていた前半戦は打率1割台で1本塁打。グラブが負担となっていたといわれても反論できない数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    5億円の攻防へ 阪神「台湾の三冠王」王柏融獲得は苦戦必至

  2. 2

    桜田大臣に“助っ人”を雇い…安倍首相は海外逃亡の血税浪費

  3. 3

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  4. 4

    中日・根尾“14歳の冬”の悔恨と決意 野球一本に至る原体験

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    メジャー目指す菊池雄星 金銭以外の“希望条件”が明らかに

  7. 7

    自粛期間終了? NEWS手越祐也が“六本木に再び出没”情報

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    中田翔は3年10億円 破格契約の裏に日ハムの“イメージ戦略”

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る