日ハム清宮“起爆剤起用”の功罪…昇格即HR連発もDHに懸念

公開日:

「完璧でした。コースは覚えていない。無心でした」

 こう力強く話したのが、日本ハムの清宮(19)だ。22日のソフトバンク戦で、2点ビハインドの六回に先発のバンデンハークから一時は逆転となる3号3ラン。1カ月半ぶりに一軍昇格を果たした前日の試合でも本塁打を打っており、復帰即2戦連発だ。

 ベンチで若武者を迎えた栗山監督といえば、にやけっぱなし。清宮の昇格には「周囲の大反対を押し切った」と話していただけに得意満面だった。

 しかし、この2試合はいずれもDH起用。7月中に発症した右ヒジ炎症の影響で、二軍で実戦復帰後も守備には就いていない。かねて清宮の課題は守りといわれており、一塁守備もこなしていた前半戦は打率1割台で1本塁打。グラブが負担となっていたといわれても反論できない数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  4. 4

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  5. 5

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  6. 6

    雄星「4年60億円」の反動懸念 “温厚”シアトルでも痛い目に

  7. 7

    北方領土問題には触れず 日ロ首脳会談はやはり“中身ゼロ”

  8. 8

    問題山積でも突き進む…外国人労働者受け入れに専門家警鐘

  9. 9

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  10. 10

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

もっと見る