日ハム清宮“起爆剤起用”の功罪…昇格即HR連発もDHに懸念

公開日: 更新日:

「完璧でした。コースは覚えていない。無心でした」

 こう力強く話したのが、日本ハムの清宮(19)だ。22日のソフトバンク戦で、2点ビハインドの六回に先発のバンデンハークから一時は逆転となる3号3ラン。1カ月半ぶりに一軍昇格を果たした前日の試合でも本塁打を打っており、復帰即2戦連発だ。

 ベンチで若武者を迎えた栗山監督といえば、にやけっぱなし。清宮の昇格には「周囲の大反対を押し切った」と話していただけに得意満面だった。

 しかし、この2試合はいずれもDH起用。7月中に発症した右ヒジ炎症の影響で、二軍で実戦復帰後も守備には就いていない。かねて清宮の課題は守りといわれており、一塁守備もこなしていた前半戦は打率1割台で1本塁打。グラブが負担となっていたといわれても反論できない数字だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  2. 2

    Koki,世界モデル挑戦へ キムタク残し母・工藤静香と移住か

  3. 3

    菅野美穂「ウチカレ」不評…“恋愛の神様”はオワコンなのか

  4. 4

    菅首相が“国際的な赤っ恥”…バイデン新政権から訪米拒否

  5. 5

    橋本環奈が辿る剛力彩芽と同じ道 USEN宇野会長と親密報道

  6. 6

    五輪に執着する菅政権に自民OBが怒り「総入れ替えが必要」

  7. 7

    元WBO世界王座・山中竜也さん おにぎり界の王者を目指す

  8. 8

    松潤の大河主演で混沌…井上真央との結婚の行方は占い頼み

  9. 9

    大栄翔が初優勝 平幕V続出「戦国時代」の裏の“角界の凋落”

  10. 10

    二階幹事長と麻生氏に国民の怒り爆発!怨嗟の16万ツイート

もっと見る