米ツアーPO初戦 松山英樹は15位で“最低限ノルマ”はクリア

公開日:

【ザ・ノーザントラスト】

 米ツアープレーオフ初戦の今大会をポイントランク76位で臨んだ松山英樹(26)。

 5位発進の2日目に73とつまずいて44位まで順位を落としたが、3日目67、最終日68とまとめて通算9アンダー15位フィニッシュ。ポイントランクも58位に上昇して、プレーオフ3戦目のBMW選手権への出場の可能性が高まった。

 この日は前半1バーディー、2ボギーと1つ落としてターン。9番では1.5メートルのパーパットが決まらずにパットに不安をのぞかせた。それでも後半に入ると4バーディー(ノーボギー)を決めた。

「久々にトップ10に入りたい、ポイントを稼がなければいけないと緊張して、後半に4バーディーを決めることができてよかった。いいショットが打てる時は上位で戦えるけれど、ショットが悪くなるとパープレーになってしまう。いい時と悪い時のショットの差が激しすぎる。もうちょっと考えていかないといけない」(松山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  8. 8

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  9. 9

    日ハム吉田輝星が明かす 根尾からの刺激と痛感した実力差

  10. 10

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

もっと見る