米ツアーPO初戦 松山英樹は15位で“最低限ノルマ”はクリア

公開日: 更新日:

【ザ・ノーザントラスト】

 米ツアープレーオフ初戦の今大会をポイントランク76位で臨んだ松山英樹(26)。

 5位発進の2日目に73とつまずいて44位まで順位を落としたが、3日目67、最終日68とまとめて通算9アンダー15位フィニッシュ。ポイントランクも58位に上昇して、プレーオフ3戦目のBMW選手権への出場の可能性が高まった。

 この日は前半1バーディー、2ボギーと1つ落としてターン。9番では1.5メートルのパーパットが決まらずにパットに不安をのぞかせた。それでも後半に入ると4バーディー(ノーボギー)を決めた。

「久々にトップ10に入りたい、ポイントを稼がなければいけないと緊張して、後半に4バーディーを決めることができてよかった。いいショットが打てる時は上位で戦えるけれど、ショットが悪くなるとパープレーになってしまう。いい時と悪い時のショットの差が激しすぎる。もうちょっと考えていかないといけない」(松山)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    想像を超える民意の「ノー」に安倍政権は青ざめている<上>

  2. 2

    孤独なホームレス男性の最期を看取った女性警官の愛は無償

  3. 3

    N国議席獲得で古谷経衡氏が指摘「常識が溶けていく恐怖」

  4. 4

    8年かけて高校を卒業…同級生の“無音”の拍手に校長も感動

  5. 5

    参議院選挙の最大の敗者は「事実」という深刻な事態

  6. 6

    山本太郎らが試算 消費税ゼロで「賃金44万円アップ」の根拠

  7. 7

    ALS患者の舩後氏当選で 議事堂が迫られる改修と慣習の刷新

  8. 8

    れいわ奇跡の躍進 山本太郎「政権を狙いに行く」の現実味

  9. 9

    伊調敗北は“忖度判定”か…代表決定戦で新たな火種が表面化

  10. 10

    ほぼ「絶対君主」吉本興業・岡本昭彦社長のコワモテ評判

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る