• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

迷える松山に新たな壁…ウッズ完全復活で遠のくメジャーV

「ウッズはショットを曲げても難なくバーディーを取る。ロングパットを入れて、ショートパットは外さない。かつてのA・パーマーのような攻撃的なプレースタイルが観客を魅了してきた。パットに関してはまだ100%とは言えないが、いつメジャーに勝ってもおかしくない状態に戻ったと言えます」

 こう語るのは欧州シニアツアーに参戦経験のある並木俊明プロだ。

 B・ケプカ(28)の優勝で幕を閉じた全米プロゴルフ選手権。大会を盛り上げたのは、そのケプカではなく、過去2連覇2回で3年ぶりに出場したT・ウッズ(42)だ。

 首位と4打差、6位からスタートした最終日はティーショットを左右に曲げながら前半だけでスコアを3つ伸ばす。バックナインは14番で5メートルのパーパットを外すも、15、18番のバーディーで64のベストスコア(タイ)。メジャー15勝目は逃したものの、ケプカに2打差の単独2位にギャラリーは大満足だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  3. 3

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  4. 4

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  5. 5

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  6. 6

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  7. 7

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    「江戸むらさき」磯山良司さんが実家ラーメン店で働くワケ

  10. 10

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

もっと見る