迷える松山に新たな壁…ウッズ完全復活で遠のくメジャーV

公開日:

「ウッズはショットを曲げても難なくバーディーを取る。ロングパットを入れて、ショートパットは外さない。かつてのA・パーマーのような攻撃的なプレースタイルが観客を魅了してきた。パットに関してはまだ100%とは言えないが、いつメジャーに勝ってもおかしくない状態に戻ったと言えます」

 こう語るのは欧州シニアツアーに参戦経験のある並木俊明プロだ。

 B・ケプカ(28)の優勝で幕を閉じた全米プロゴルフ選手権。大会を盛り上げたのは、そのケプカではなく、過去2連覇2回で3年ぶりに出場したT・ウッズ(42)だ。

 首位と4打差、6位からスタートした最終日はティーショットを左右に曲げながら前半だけでスコアを3つ伸ばす。バックナインは14番で5メートルのパーパットを外すも、15、18番のバーディーで64のベストスコア(タイ)。メジャー15勝目は逃したものの、ケプカに2打差の単独2位にギャラリーは大満足だった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  3. 3

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  4. 4

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  5. 5

    広島対策は“丸投げ”? 巨人スタッフ会議で投打コーチ言及

  6. 6

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  7. 7

    巨人は先発6人以外“全員中継ぎ” 勝利の方程式を追加構想

  8. 8

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  9. 9

    ドラ1左腕も“被害者”か…岩隈加入で巨人若手が行き場失う

  10. 10

    ボールの下にバットを入れる“ホームラン打法”に対する誤解

もっと見る