• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

メーカーは戦々恐々…クラブに縛られないプロが増えたワケ

 100回目を迎える今年の全米プロ。メジャー最終戦になるが、ゴルフ業界が注目する話題がある。

 実はマスターズ優勝のパトリック・リード、全米オープン2連勝のブルックス・ケプカ、そして全英オープンに勝ったフランチェスコ・モリナリの3人は共通して、どこのメーカーともクラブ契約を結んでいないのだ。

 正確に言えば、モリナリはベティナルディとパター使用契約を結んでいるが、その他のクラブはどこのメーカーとも契約していない。

 これで全米プロでもクラブ契約を結んでいないプロが優勝することになれば、プロのクラブ契約のあり方が変わりそうだと、関心を集めているのだ。

 P・リードはクラブ契約についてこう語っている。

「総合的で大きなクラブ契約を結べば、それに縛られることになる。全て同じメーカーのクラブを使わなくてはならなくなるが、ひとつのメーカーが全てのプレーヤーに完璧に合う14本のクラブを作れるというのは信じられない。(クラブ契約しなければ)自分は自分に完璧に合ったクラブを使うことができるんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    もし破局したら…“恋愛露出狂”剛力&前澤社長の未来予想図

  4. 4

    まるで炎上商法 “超人ショー”と化した24時間TVの存在価値

  5. 5

    まるで大使館…剛力彩芽&前澤社長の“100億円豪邸”を発見

  6. 6

    総裁選で論戦拒否…安倍首相が打って出た「逃げ恥」作戦

  7. 7

    ドラ1候補社会人も“直メジャー”…日本球界はなぜ嫌われる

  8. 8

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  9. 9

    国連が原発作業員の被ばく危惧も…安倍政権またもガン無視

  10. 10

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

もっと見る