メーカーは戦々恐々…クラブに縛られないプロが増えたワケ

公開日:

 100回目を迎える今年の全米プロ。メジャー最終戦になるが、ゴルフ業界が注目する話題がある。

 実はマスターズ優勝のパトリック・リード、全米オープン2連勝のブルックス・ケプカ、そして全英オープンに勝ったフランチェスコ・モリナリの3人は共通して、どこのメーカーともクラブ契約を結んでいないのだ。

 正確に言えば、モリナリはベティナルディとパター使用契約を結んでいるが、その他のクラブはどこのメーカーとも契約していない。

 これで全米プロでもクラブ契約を結んでいないプロが優勝することになれば、プロのクラブ契約のあり方が変わりそうだと、関心を集めているのだ。

 P・リードはクラブ契約についてこう語っている。

「総合的で大きなクラブ契約を結べば、それに縛られることになる。全て同じメーカーのクラブを使わなくてはならなくなるが、ひとつのメーカーが全てのプレーヤーに完璧に合う14本のクラブを作れるというのは信じられない。(クラブ契約しなければ)自分は自分に完璧に合ったクラブを使うことができるんだ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る