盛り上がる女子と正反対 男子ツアーに若手新星なぜ出ない

公開日:  更新日:

 スポンサー激減の男子ツアーは7月のセガサミーカップから実に6週間のオープンウイークを挟んでようやく再開した。

 今週は男女とも4日間競技で開催される。

 女子ツアーは前週のCATレディスで7月のプロテストに合格したばかりの大里桃子(20)が初優勝したが、同じ90期生が触発されるように今週は上位に顔を並べた。

 5アンダー単独首位の三ケ島かな(22)、2アンダー7位の脇元華(20)。そして1アンダー16位の原英莉花(19)とエイミー・コガ(22)がプロになりたての同期だ。

 若い女子プロがツアー人気を盛り上げているのは間違いないが、その一方で男子ツアーには新鮮な顔ぶれが少ない。

 それどころか上位は韓国勢ばかりだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  2. 2

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  3. 3

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  4. 4

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  5. 5

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  6. 6

    日ハム吉田輝星の原点 「投球フォーム」に託した父の願い

  7. 7

    玉城デニー沖縄知事の訪米に官邸・外務省が“横ヤリ”疑惑

  8. 8

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  9. 9

    渋谷、浅草、築地…メジャーリーガーは昼間の観光に大忙し

  10. 10

    「イッテQ」疑惑で日テレ冬の時代へ…構造的問題の指摘も

もっと見る