相撲協会“裏金顧問”敗訴 採用辞令「偽造」で露呈した本性

公開日:

 私利私欲でウソをつくし、ないものをあるとでっち上げもする。要するに欲得ずくと、改めて証明されたのが日本相撲協会の元顧問である小林慶彦氏だ。

 同氏が不当に解雇されたと主張、協会に地位確認を求めた訴訟で、東京地裁は28日、請求を棄却した。「労働契約が締結された事実を認めるに足りる的確な証拠はない」とは阿部雅彦裁判長だ。

 小林氏は2015年11月の相撲協会理事会で雇用されることが決まり、採用辞令も交付されたと主張したものの、認められなかったばかりか、辞令は同氏もしくはその指図を受けたものが「偽造したものと推認される」というのだ。

 裁判でウソに捏造という極めて悪質な行為が露見したことで、これまでの数々の「疑惑」もれっきとした「悪事」の可能性が出てきたのではないか。

 裁判で協会側は、国技館の改修工事にあたって小林氏が代表を務める会社に、中電工から8000万円が振り込まれたと主張。それに対して小林氏は「ええと、その、わかりません」「あー、いま、調査しているところです」などと、しどろもどろで証言していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る