相撲協会“裏金顧問”敗訴 採用辞令「偽造」で露呈した本性

公開日: 更新日:

 私利私欲でウソをつくし、ないものをあるとでっち上げもする。要するに欲得ずくと、改めて証明されたのが日本相撲協会の元顧問である小林慶彦氏だ。

 同氏が不当に解雇されたと主張、協会に地位確認を求めた訴訟で、東京地裁は28日、請求を棄却した。「労働契約が締結された事実を認めるに足りる的確な証拠はない」とは阿部雅彦裁判長だ。

 小林氏は2015年11月の相撲協会理事会で雇用されることが決まり、採用辞令も交付されたと主張したものの、認められなかったばかりか、辞令は同氏もしくはその指図を受けたものが「偽造したものと推認される」というのだ。

 裁判でウソに捏造という極めて悪質な行為が露見したことで、これまでの数々の「疑惑」もれっきとした「悪事」の可能性が出てきたのではないか。

 裁判で協会側は、国技館の改修工事にあたって小林氏が代表を務める会社に、中電工から8000万円が振り込まれたと主張。それに対して小林氏は「ええと、その、わかりません」「あー、いま、調査しているところです」などと、しどろもどろで証言していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    芸能界ケンカ最強候補だった渡瀬恒彦は女に手を出すのも…

  2. 2

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  3. 3

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  4. 4

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  5. 5

    嵐・櫻井の婚前旅行の報道にファンの反応が冷ややかなワケ

  6. 6

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  7. 7

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  8. 8

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  9. 9

    為末大と大迫傑が噛みついた「箱根駅伝」解体の“Xデー”

  10. 10

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る