相撲協会“裏金顧問”敗訴 採用辞令「偽造」で露呈した本性

公開日:

 私利私欲でウソをつくし、ないものをあるとでっち上げもする。要するに欲得ずくと、改めて証明されたのが日本相撲協会の元顧問である小林慶彦氏だ。

 同氏が不当に解雇されたと主張、協会に地位確認を求めた訴訟で、東京地裁は28日、請求を棄却した。「労働契約が締結された事実を認めるに足りる的確な証拠はない」とは阿部雅彦裁判長だ。

 小林氏は2015年11月の相撲協会理事会で雇用されることが決まり、採用辞令も交付されたと主張したものの、認められなかったばかりか、辞令は同氏もしくはその指図を受けたものが「偽造したものと推認される」というのだ。

 裁判でウソに捏造という極めて悪質な行為が露見したことで、これまでの数々の「疑惑」もれっきとした「悪事」の可能性が出てきたのではないか。

 裁判で協会側は、国技館の改修工事にあたって小林氏が代表を務める会社に、中電工から8000万円が振り込まれたと主張。それに対して小林氏は「ええと、その、わかりません」「あー、いま、調査しているところです」などと、しどろもどろで証言していた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

  10. 10

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

もっと見る