伊調馨が全日本女子OP出場へ 元恩師・栄和人氏の胸中は?

公開日:

 女子レスリングで五輪4連覇の伊調馨(34)が10月の全日本女子オープン選手権(静岡・三島市)に57キロ級でエントリーしたと、日本レスリング協会のホームページで発表された。実戦は2016年リオ五輪で金メダルを獲得して以来となる。

 この大会で優勝すれば、来年の世界選手権代表選考会を兼ねる12月の全日本選手権(東京)に出場できる。

 この一報を、日本協会元強化本部長の栄和人氏はどんな思いで聞いただろうか。かつての教え子だった伊調が自分の元を離れ、練習拠点を東京へ移すと逆恨みし、数々の嫌がらせを行っていたことが発覚。第三者委員会にパワハラの事実が認定され強化本部長を辞任。その後、至学館大レスリング部の監督も解任された。

 五輪の金メダリスト6人を育てあげたことによる自信がいつしか傲慢となり、「日本女子レスリングの父」が「パワハラオヤジ」に成り下がった今、実戦復帰する伊調を素直に応援する気にはなれないだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る