来場所大関とりの御嶽海 “ダメ横綱3人衆”撃破が最大の難所

公開日: 更新日:

 7月場所で初優勝を果たした御嶽海(25)が、23日、一夜明け会見を行った。悲願達成とあって、報道陣を前に喜色満面。来場所の大関とりについては、「まだそこまで考えていない」と言いつつも、「2ケタ(勝利を)いける自信はついた」と豪語した。

 今場所は13勝2敗も、3横綱1大関が休場。大関の高安、豪栄道を除けば、番付上位の力士とは戦わずじまいの優勝であったのも事実だ。

 御嶽海と白鵬、鶴竜、稀勢の里の対戦成績は、それぞれ2勝6敗(うち1勝は不戦勝)、3勝4敗、1勝5敗。合口は悪く、鶴竜のみ、ほぼ五分といったあんばいだ。

「鶴竜戦は引き技への対処がカギになる。昨年5月、今年1月場所は鶴竜の引きグセもあって勝ったが、先場所は激しい攻防の末、土俵際に追い詰めながら油断したのか、はたき込みを食らった。白鵬には先場所、張り差しから左上手を取られると、上手投げで完敗。白鵬が今場所中の休場理由となった右足のケガを引きずるようならともかく、万全の状態なら、まだまだ御嶽海がかなう相手ではない。稀勢の里も生き残りをかけて必死になるでしょう。安パイは1人もいませんよ」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “安倍1強”に早くも暗雲 参院選の「前哨戦」で自民敗北危機

  2. 2

    事実上のクビ…イチロー現役引退の裏にマリナーズとの暗闘

  3. 3

    エリカ様は張り込み班に「なに撮ってんだよばかやろう!」

  4. 4

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  5. 5

    不倫訴訟報道の後藤真希…ブログの私生活も虚像だったのか

  6. 6

    安倍首相が“偽装”の施政方針演説 英訳でも錯覚工作の傲慢

  7. 7

    現実から目を背けるために過去を「いじくり廻してゐる」

  8. 8

    世界1位奪取にルノー日産が画策?自動車業界大再編の予兆

  9. 9

    京都に“愛の新居”報道…それでも鈴木京香が結婚しない理由

  10. 10

    公私混同で失脚の舛添前都知事 野党で国政復帰の仰天情報

もっと見る