• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

来場所大関とりの御嶽海 “ダメ横綱3人衆”撃破が最大の難所

 7月場所で初優勝を果たした御嶽海(25)が、23日、一夜明け会見を行った。悲願達成とあって、報道陣を前に喜色満面。来場所の大関とりについては、「まだそこまで考えていない」と言いつつも、「2ケタ(勝利を)いける自信はついた」と豪語した。

 今場所は13勝2敗も、3横綱1大関が休場。大関の高安、豪栄道を除けば、番付上位の力士とは戦わずじまいの優勝であったのも事実だ。

 御嶽海と白鵬、鶴竜、稀勢の里の対戦成績は、それぞれ2勝6敗(うち1勝は不戦勝)、3勝4敗、1勝5敗。合口は悪く、鶴竜のみ、ほぼ五分といったあんばいだ。

「鶴竜戦は引き技への対処がカギになる。昨年5月、今年1月場所は鶴竜の引きグセもあって勝ったが、先場所は激しい攻防の末、土俵際に追い詰めながら油断したのか、はたき込みを食らった。白鵬には先場所、張り差しから左上手を取られると、上手投げで完敗。白鵬が今場所中の休場理由となった右足のケガを引きずるようならともかく、万全の状態なら、まだまだ御嶽海がかなう相手ではない。稀勢の里も生き残りをかけて必死になるでしょう。安パイは1人もいませんよ」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    カネと欲望がうごめく甲子園 ネット裏“怪情報”<番外編>

もっと見る