来場所大関とりの御嶽海 “ダメ横綱3人衆”撃破が最大の難所

公開日:

 7月場所で初優勝を果たした御嶽海(25)が、23日、一夜明け会見を行った。悲願達成とあって、報道陣を前に喜色満面。来場所の大関とりについては、「まだそこまで考えていない」と言いつつも、「2ケタ(勝利を)いける自信はついた」と豪語した。

 今場所は13勝2敗も、3横綱1大関が休場。大関の高安、豪栄道を除けば、番付上位の力士とは戦わずじまいの優勝であったのも事実だ。

 御嶽海と白鵬、鶴竜、稀勢の里の対戦成績は、それぞれ2勝6敗(うち1勝は不戦勝)、3勝4敗、1勝5敗。合口は悪く、鶴竜のみ、ほぼ五分といったあんばいだ。

「鶴竜戦は引き技への対処がカギになる。昨年5月、今年1月場所は鶴竜の引きグセもあって勝ったが、先場所は激しい攻防の末、土俵際に追い詰めながら油断したのか、はたき込みを食らった。白鵬には先場所、張り差しから左上手を取られると、上手投げで完敗。白鵬が今場所中の休場理由となった右足のケガを引きずるようならともかく、万全の状態なら、まだまだ御嶽海がかなう相手ではない。稀勢の里も生き残りをかけて必死になるでしょう。安パイは1人もいませんよ」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ゴーン起訴・再逮捕がトドメ…拍車がかかる特捜部解体論

  2. 2

    原監督は喜色満面だったが…FA丸獲得で巨人が買った“火種”

  3. 3

    安倍首相の“言葉遊び”を超えた詐欺師の手法はいずれバレる

  4. 4

    好きな女子アナに異変…弘中綾香&宇垣美里が好かれるワケ

  5. 5

    まさか飲酒? 深夜の議員宿舎で維新の議員がド派手な事故

  6. 6

    米中“諜報戦争”激化で…安倍首相は日中関係のちゃぶ台返し

  7. 7

    SNS全盛時代に学ぶ 明石家さんまの金言「丸裸にならない」

  8. 8

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  9. 9

    JIC騒動で露呈…官民ファンドは血税しゃぶる“天下り集団”

  10. 10

    食えもしねえのに食い意地の張った巨人・原“監督大将”の話

もっと見る