来場所大関とりの御嶽海 “ダメ横綱3人衆”撃破が最大の難所

公開日: 更新日:

 7月場所で初優勝を果たした御嶽海(25)が、23日、一夜明け会見を行った。悲願達成とあって、報道陣を前に喜色満面。来場所の大関とりについては、「まだそこまで考えていない」と言いつつも、「2ケタ(勝利を)いける自信はついた」と豪語した。

 今場所は13勝2敗も、3横綱1大関が休場。大関の高安豪栄道を除けば、番付上位の力士とは戦わずじまいの優勝であったのも事実だ。

 御嶽海と白鵬鶴竜稀勢の里の対戦成績は、それぞれ2勝6敗(うち1勝は不戦勝)、3勝4敗、1勝5敗。合口は悪く、鶴竜のみ、ほぼ五分といったあんばいだ。

「鶴竜戦は引き技への対処がカギになる。昨年5月、今年1月場所は鶴竜の引きグセもあって勝ったが、先場所は激しい攻防の末、土俵際に追い詰めながら油断したのか、はたき込みを食らった。白鵬には先場所、張り差しから左上手を取られると、上手投げで完敗。白鵬が今場所中の休場理由となった右足のケガを引きずるようならともかく、万全の状態なら、まだまだ御嶽海がかなう相手ではない。稀勢の里も生き残りをかけて必死になるでしょう。安パイは1人もいませんよ」(ある親方)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豪邸が粉々…ベイルートを逃げ出したゴーン被告が向かう先

  2. 2

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  3. 3

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  4. 4

    レバノン大爆発…逃亡したゴーン被告に迫る深刻な危機

  5. 5

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  6. 6

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  7. 7

    これはやりすぎ…夫の浮気現場でCA妻が取った驚きの行動

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

もっと見る