友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

好調チームも伸びず 今季メジャー観客動員数大幅減の3要因

公開日: 更新日:

 今季のメジャーは客の入りが悪い。8月末時点の平均観客動員数は2万8787人で、長年キープしてきた3万人の大台を割り、15年ぶりに低調だ。

 主な要因は次の3つ。1つはシーズン序盤に大きく負けが込み、早い段階で消化試合になってしまった球団が続出したことだ。その典型が4月末時点で7勝21敗だったロイヤルズ、5月8日時点で8勝27敗のオリオールズ、5月12日時点で9勝27敗のホワイトソックスの3球団。5月半ば以降、ファンの足がどんどん遠のいていった。

 もう1つは優勝よりも予算削減を優先させる球団が多く、マーリンズは昨オフ、チームの宝だったスタントン、イエリッチ、オズナの外野手トリオを放出。パイレーツはエースのコールと主砲マカッチェンをオフにトレード。タイガースも昨年7月以降、主砲J・D・マルティネスと大エースのバーランダーを手離した後、マイナーから昇格させた若手で穴を埋めてシーズンに臨んだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る