大リーグ機構も球団も…対中経済制裁に大わらわの理由

公開日: 更新日:

 最近まで、ニューヨークの富裕層にとって中国からの移民をベビーシッターとして雇い、自分の子どもに中国語を覚えさせるのが目に見える豊かさの象徴だったし、習近平をはじめ、中国共産党の高級幹部の多くが子弟を米国の大学に留学させている。

 さらに2012年に習近平政権が発足して「反腐敗キャンペーン」が大々的に行われると、留学した子弟や現地に住まわせている愛人を頼り、不正に蓄財した資産と家族とともに米国に逃れる「腐敗官僚」も後を絶たなかった。いわば、米中両国民にとって、相手の国は必要欠くべからざる存在だ。

 大リーグにとっても、07年6月にヤンキースが、内モンゴルに本拠を置く中国屈指の乳製品企業である伊利集団とスポンサー契約を締結して以来、中国系企業との取引の重要さは増している。

 周知の通り、姚明がNBAで活躍したことによって中国国内でバスケットボールの人気が高まり、国営放送の中国中央電視台が「NBA空間」という帯番組を放送したり、学校の校庭にバスケットボールのゴールが設置されるなど、「バスケ人気」は中国国内で定着した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    河井夫妻“選挙買収”捜査本腰へ急展開 落選議員が検察援護

  2. 2

    不倫報道のJr.を“一罰百戒” 滝沢秀明副社長いきなり正念場

  3. 3

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  4. 4

    手を出す? 俺にとって麗子はストライクゾーンに入らない

  5. 5

    「パンクで遅刻する」上司に送ったビミョーすぎる証拠画像

  6. 6

    乃木坂46を卒業 白石麻衣に“接近”したアイドルタレント2人

  7. 7

    「恋つづ」佐藤健に挑む上白石萌音が宮崎美子に見えるワケ

  8. 8

    松方弘樹は釣りと並んで女にも入れあげて力いっぱい生きた

  9. 9

    「麒麟がくる」大コケ予想で三谷幸喜にすがるNHKの哀れ

  10. 10

    元SMAPで独り勝ち キムタクが歩むジャニーズ大幹部への道

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る