友成那智
著者のコラム一覧
友成那智スポーツライター

 1956年青森県生まれ。上智大卒。集英社入社後、今はなきPLAYBOY日本版のスポーツ担当として、日本で活躍する元大リーガーらと交流、米国での現地取材も頻繁に行いアメリカ野球やスポーツビジネスへの造詣を深める。集英社退社後は、各媒体に大リーグ関連の記事を寄稿。04年から毎年執筆している「完全メジャーリーグ選手名鑑」は日本人大リーガーにも愛読者が多い。

ドミニカ共和国の大リーガー育成システムに漆黒の闇

公開日:

 メジャーリーグでは現在、85人のドミニカ人選手が活躍しており、同国の野球熱の高さは、日本でも度々報じられている。

 しかし、テレビなどで語られるのは表面の部分だけで、裏面からは漆黒の闇が見えてくる。

 ドミニカ共和国の野球選手育成システムは独特だ。グラブさえ買ってやれない貧困家庭が多いため、野球少年たちは11~13歳で学校をドロップアウト。ブスコンと呼ばれる有望選手育成業者が運営する施設で、食事と用具を支給されながら野球漬けの生活を送ることになる。ここで、鍛えられた野球少年はメジャーリーグと契約が可能になる16歳の誕生日が来ると、各球団の入団テストを受け、16歳か17歳でプロ入りする。契約金は大半が数千ドルから数万ドル程度である。しかし、抜きんでた才能がある者は、13歳ないし14歳くらいからスカウトたちに注目され、16歳になってすぐに100万ドルを超す契約金でプロ入り、というコースをたどる。ブスコンは契約金の25~50%を持っていくので、契約金が100万ドルを超す有望株を多数、育成できれば大いに潤うことになる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る