試運転なのか…大谷を消化試合で投手復帰させた球団の思惑

公開日: 更新日:

 右肘を痛めて打者に専念していたエンゼルス・大谷翔平(24)が2日(日本時間3日)、敵地ヒューストンでのアストロズ戦に約3カ月ぶりの復帰登板を果たし、2回3分の1、49球を投げ2失点で降板。チームも敗れ今季2敗目(4勝)を喫した。

 大谷は6月8日に故障者リスト(DL)入り。再生治療である「PRP注射」を選択し、復帰までに1年以上を要するトミー・ジョン(靱帯再建)手術を回避すると、7月3日に、まずは打者として戦列に戻り、同19日にキャッチボールを開始。8月11日にはブルペンでの投球練習を再開した。その後は傘下のマイナー選手を相手に実戦形式で3度登板しただけ。打者として戦力になるため、通常、故障した投手が行うマイナーでの調整登板は見送られた。

 チームは首位アストロズと17ゲーム差のア・リーグ西地区4位(1日終了時)。ポストシーズン進出の望みはすでに断たれている。大谷を消化試合で登板させるチームの方針に対し、ロサンゼルスの地元メディアからは懐疑的な声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

  2. 2

    尾身会長「系列病院」にコロナ患者受け入れ“後ろ向き”疑惑

  3. 3

    無能クズっぷり全国トップの吉村知事が「評価」される怖さ

  4. 4

    東京五輪「中止」正式決定へ“秒読み”…デッドラインは2月

  5. 5

    危機感なき菅首相に尾身会長“ブチ切れ” 会見でアテこすり

  6. 6

    吉岡里帆“貪欲さ”でアンチを味方に 沢尻エリカ逮捕が転機

  7. 7

    ステージ4が無実化…見捨てられた「緊急事態」5つの自治体

  8. 8

    前田敦子の全米進出に勝機 カギを握るは濃厚ベッドシーン

  9. 9

    五輪選手村なぜ活用しない? コロナ感染者2日連続2千人超

  10. 10

    菅首相「2月下旬から開始」ワクチン接種の甘すぎる目論見

もっと見る