• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

試運転なのか…大谷を消化試合で投手復帰させた球団の思惑

 右肘を痛めて打者に専念していたエンゼルス・大谷翔平(24)が2日(日本時間3日)、敵地ヒューストンでのアストロズ戦に約3カ月ぶりの復帰登板を果たし、2回3分の1、49球を投げ2失点で降板。チームも敗れ今季2敗目(4勝)を喫した。

 大谷は6月8日に故障者リスト(DL)入り。再生治療である「PRP注射」を選択し、復帰までに1年以上を要するトミー・ジョン(靱帯再建)手術を回避すると、7月3日に、まずは打者として戦列に戻り、同19日にキャッチボールを開始。8月11日にはブルペンでの投球練習を再開した。その後は傘下のマイナー選手を相手に実戦形式で3度登板しただけ。打者として戦力になるため、通常、故障した投手が行うマイナーでの調整登板は見送られた。

 チームは首位アストロズと17ゲーム差のア・リーグ西地区4位(1日終了時)。ポストシーズン進出の望みはすでに断たれている。大谷を消化試合で登板させるチームの方針に対し、ロサンゼルスの地元メディアからは懐疑的な声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    小池都知事の沖縄入り 狙いは二階“大幹事長”に媚び売りか

  3. 3

    「まだ監督じゃない」発言で騒動に…渦中の中畑清氏を直撃

  4. 4

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  5. 5

    突然の“密室”夕食会…安倍首相はトランプに何を飲まされた

  6. 6

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

  7. 7

    豊漁が一転、不漁に…サンマは北海道地震を知っていたのか

  8. 8

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  9. 9

    ベンチの焦りが選手に伝染 今季巨人のBクラス争いは必然

  10. 10

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

もっと見る