試運転なのか…大谷を消化試合で投手復帰させた球団の思惑

公開日:

 右肘を痛めて打者に専念していたエンゼルス・大谷翔平(24)が2日(日本時間3日)、敵地ヒューストンでのアストロズ戦に約3カ月ぶりの復帰登板を果たし、2回3分の1、49球を投げ2失点で降板。チームも敗れ今季2敗目(4勝)を喫した。

 大谷は6月8日に故障者リスト(DL)入り。再生治療である「PRP注射」を選択し、復帰までに1年以上を要するトミー・ジョン(靱帯再建)手術を回避すると、7月3日に、まずは打者として戦列に戻り、同19日にキャッチボールを開始。8月11日にはブルペンでの投球練習を再開した。その後は傘下のマイナー選手を相手に実戦形式で3度登板しただけ。打者として戦力になるため、通常、故障した投手が行うマイナーでの調整登板は見送られた。

 チームは首位アストロズと17ゲーム差のア・リーグ西地区4位(1日終了時)。ポストシーズン進出の望みはすでに断たれている。大谷を消化試合で登板させるチームの方針に対し、ロサンゼルスの地元メディアからは懐疑的な声も聞かれる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る