鳩山CCまたも民事再生法申請 預託金問題でメンバー揺れる

公開日:  更新日:

 ただし、計画には10年後(15年5月~)の償還開始が含まれていた。

 すると15年59件、16年54件、17年51件の請求があり、毎年2億円強の預託金を返還しており経営を逼迫。再び民事再生法申請に踏み切ったのだ。

 現在、同CCの負債は預託金の約32億円で、それ以外の一般債務がほとんどない。

 そして再生計画案は、会社側のA案と「民事再生を成功させる会」のB案に分かれて対立している。

 A案は預託金を60%カットし、再生案が認められたら来年4月から1人平均140万円とみられる返還請求を受け付ける。

■会社側A案とプレー権守るB案が対立

 一方、B案は預託金全額を放棄してもらい、株券を代わりに発行する。一見すれば、少しでも預託金が返ってくるA案のほうがメリットが多いように思える。ゴルフリタイア族はカネをもらったほうがいいという選択肢もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  4. 4

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  5. 5

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  6. 6

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  7. 7

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る