• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

鳩山CCまたも民事再生法申請 預託金問題でメンバー揺れる

 ただし、計画には10年後(15年5月~)の償還開始が含まれていた。

 すると15年59件、16年54件、17年51件の請求があり、毎年2億円強の預託金を返還しており経営を逼迫。再び民事再生法申請に踏み切ったのだ。

 現在、同CCの負債は預託金の約32億円で、それ以外の一般債務がほとんどない。

 そして再生計画案は、会社側のA案と「民事再生を成功させる会」のB案に分かれて対立している。

 A案は預託金を60%カットし、再生案が認められたら来年4月から1人平均140万円とみられる返還請求を受け付ける。

■会社側A案とプレー権守るB案が対立

 一方、B案は預託金全額を放棄してもらい、株券を代わりに発行する。一見すれば、少しでも預託金が返ってくるA案のほうがメリットが多いように思える。ゴルフリタイア族はカネをもらったほうがいいという選択肢もある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  2. 2

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  3. 3

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  4. 4

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  5. 5

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  6. 6

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  7. 7

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る