畑岡奈紗は失速8位…ティーショット乱れV争いから脱落

公開日: 更新日:

【カナディアンパシフィック女子オープン】 

 今大会初日に64をマークして米女子ツアー初の首位スタートを切り、最終日は単独首位のブルック・ヘンダーソン(20=カナダ)に1打差2位発進と2勝目に向けて絶好のチャンスだった畑岡奈紗(19)。

 米女子ツアーは最終日もスコアの伸ばし合いになる。それは畑岡自身が一番よくわかっている。

 初優勝した6月の「NWアーカンソー選手権」では最終日に63(8アンダー)で回り、プレーオフに進出して2位に終わったメジャーの全米女子プロでも最終日に64(8アンダー)をマークしている。

 最終日は相手のミス待ちではなく、コースを攻め続けてバーディーを積み重ねなければレベルの高いフィールドでは勝てないからだ。

 だが、出だしの1番で追いかける畑岡がボギーをたたき、逃げるヘンダーソンがバーディーを決めて、いきなり3打差に開いてしまう。6番ではティーショットを右に曲げて池ポチャになり、2.5メートルのパーパットを決められずボギー。ここでもヘンダーソンはバーディーを奪って5打差。ヘンダーソンの背中がどんどん遠くなっていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “愛の巣”から消えた…二宮和也と伊藤綾子の破局説を検証

  2. 2

    慶応幼稚舎の教育を国内最高峰と勘違いする生徒たち

  3. 3

    たとえ自分の議席を失ってもすでに山本太郎は勝っている

  4. 4

    最終議席予想は安倍敗北 改憲勢力75議席で3分の2に届かず

  5. 5

    この声も警察は排除するのか 地鳴りのような「安倍辞めろ」

  6. 6

    れいわ野原に学会票 東京で公明が共産に半世紀ぶり敗北か

  7. 7

    大船渡・佐々木に“神風” V候補敗退しジャッジも援護射撃に

  8. 8

    センバツV東邦や強豪校が地方大会序盤で相次ぎ消えた理由

  9. 9

    7/20~7/26のあなたの運勢

  10. 10

    ジャニーズからの圧力は? キー局の見解と元SMAP3人の今後

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る