畑岡奈紗は失速8位…ティーショット乱れV争いから脱落

公開日: 更新日:

【カナディアンパシフィック女子オープン】 

 今大会初日に64をマークして米女子ツアー初の首位スタートを切り、最終日は単独首位のブルック・ヘンダーソン(20=カナダ)に1打差2位発進と2勝目に向けて絶好のチャンスだった畑岡奈紗(19)。

 米女子ツアーは最終日もスコアの伸ばし合いになる。それは畑岡自身が一番よくわかっている。

 初優勝した6月の「NWアーカンソー選手権」では最終日に63(8アンダー)で回り、プレーオフに進出して2位に終わったメジャーの全米女子プロでも最終日に64(8アンダー)をマークしている。

 最終日は相手のミス待ちではなく、コースを攻め続けてバーディーを積み重ねなければレベルの高いフィールドでは勝てないからだ。

 だが、出だしの1番で追いかける畑岡がボギーをたたき、逃げるヘンダーソンがバーディーを決めて、いきなり3打差に開いてしまう。6番ではティーショットを右に曲げて池ポチャになり、2.5メートルのパーパットを決められずボギー。ここでもヘンダーソンはバーディーを奪って5打差。ヘンダーソンの背中がどんどん遠くなっていった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    三浦春馬さんに金銭を無心か…「母親の過去」と死の動機

  3. 3

    三浦春馬さん“遺書”に記された孤独と苦心惨憺…鬱状態にも

  4. 4

    “手越砲”被弾のAKB柏木由紀 アイドル道と強心臓に揺ぎなし

  5. 5

    三浦春馬「14年ギャラクシー賞」贈賞式ドタキャンの不可解

  6. 6

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  7. 7

    三浦春馬さん“前兆なき死”の謎…直前に何か物凄いことが?

  8. 8

    死者・重症者が8月急増「9月が怖い」の声と安倍首相の無策

  9. 9

    野党「合流新党」は150人規模の勢力に 分裂期待の自民落胆

  10. 10

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

もっと見る