• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

【フジサンケイ クラシック】 

 プロ3年目の星野陸也(22)が、初日から首位の座を一度も明け渡すことなく、2位に5打差をつけて初優勝した。

「優勝を意識するとメンタルが弱いので、周りを気にしないでアンダーかイーブンで回ればいいと思っていた。将来の目標は米ツアーに行って、メジャーに優勝することです」(星野)

 186センチと長身で、ドライバー平均飛距離299.57ヤード(ランク11位)の飛ばし屋は小技でも好プレーを見せた。

 6番パー5は深いラフからのアプローチをカップ縁まで運びバーディー。10番はグリーン外からチップインバーディー。そして13番パー3では実測256ヤードの1打目をピンそば30センチにつけるスーパーショットなど、決勝ラウンドは2日間とも66で回り楽々と逃げ切った。さらに富士桜CCでのトーナメント記録(13アンダー)も10年ぶりに更新した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    錯乱答弁を連発 テレビ討論でバレた安倍首相の薄っぺらさ

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  4. 4

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  5. 5

    交通遺児に残された亡父の車を競売に…劇的展開に感動の嵐

  6. 6

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  7. 7

    二軍で“塩漬け”の巨人ゲレーロ 古巣中日勢に漏らした本音

  8. 8

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  9. 9

    最下位転落はすぐそこ…DeNAラミ監督の続投に2つの条件

  10. 10

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

もっと見る