今季ワースト4日間7097人 男子ツアーの閑古鳥は誰の責任か

公開日: 更新日:

【フジサンケイ クラシック】 

 プロ3年目の星野陸也(22)が、初日から首位の座を一度も明け渡すことなく、2位に5打差をつけて初優勝した。

「優勝を意識するとメンタルが弱いので、周りを気にしないでアンダーかイーブンで回ればいいと思っていた。将来の目標は米ツアーに行って、メジャーに優勝することです」(星野)

 186センチと長身で、ドライバー平均飛距離299.57ヤード(ランク11位)の飛ばし屋は小技でも好プレーを見せた。

 6番パー5は深いラフからのアプローチをカップ縁まで運びバーディー。10番はグリーン外からチップインバーディー。そして13番パー3では実測256ヤードの1打目をピンそば30センチにつけるスーパーショットなど、決勝ラウンドは2日間とも66で回り楽々と逃げ切った。さらに富士桜CCでのトーナメント記録(13アンダー)も10年ぶりに更新した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セコマ・丸谷社長 コンビニのビジネスモデルは終焉が近い

  2. 2

    白鵬が突然の方針転換…「年内引退」発言にダメ押したモノ

  3. 3

    YouTuber「ヴァンゆん」ゆん お金なく毎日コーンフレーク

  4. 4

    ハリウッドザコシショウ 気づくとゴミ捨て場で寝ていた朝

  5. 5

    撃墜されたウクライナ機はアメリカ軍用機の盾にされた?

  6. 6

    ロバート・ボールドウィンさん “外国人日本王”半生と近況

  7. 7

    口と態度はエース級 巨人の“無名ドラ1”堀田が大物ぶり発揮

  8. 8

    ディストピアを現実化 安倍政権の正体を忘れてはいけない

  9. 9

    卓球代表6人発表も…東京五輪「金メダル」への理想と現実

  10. 10

    小泉進次郎氏「育休」に批判殺到 “不倫隠し”が完全に裏目

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る