ポイント稼ぎは国内で 池田勇太はやっぱり“お山の大将”

公開日:  更新日:

【フジサンケイクラシック】

 海外でポイントを失って、国内でポイントをせっせと稼ぐ――。今大会初日にイーブンパー16位タイにつけた池田勇太(32)の世界ランク動向はいつも同じパターンだ。

 昨年は世界ランク(WR)34位からスタート。

 年初から海外転戦を中心にスケジュールを組んだが、4大メジャーはすべて予選落ちで一時WR70位まで後退した。ところが帰国してすぐのKBCオーガスタで優勝すると、ANAオープン、日本オープンと3勝を挙げて昨年末は再びWR35位まで浮上した。その特典もあって今季はメジャー3試合に出場できたものの、現在はWR100位と落ち込みが激しい。

 今年は日本ツアーとアジアンツアーとの共催2大会を含む、海外13試合に出場したが、もちろん未勝利。ポイントはどんどん減るばかりで、トップ100圏外に消えるのも時間の問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  6. 6

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  7. 7

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  8. 8

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  9. 9

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る