ポイント稼ぎは国内で 池田勇太はやっぱり“お山の大将”

公開日:  更新日:

【フジサンケイクラシック】

 海外でポイントを失って、国内でポイントをせっせと稼ぐ――。今大会初日にイーブンパー16位タイにつけた池田勇太(32)の世界ランク動向はいつも同じパターンだ。

 昨年は世界ランク(WR)34位からスタート。

 年初から海外転戦を中心にスケジュールを組んだが、4大メジャーはすべて予選落ちで一時WR70位まで後退した。ところが帰国してすぐのKBCオーガスタで優勝すると、ANAオープン、日本オープンと3勝を挙げて昨年末は再びWR35位まで浮上した。その特典もあって今季はメジャー3試合に出場できたものの、現在はWR100位と落ち込みが激しい。

 今年は日本ツアーとアジアンツアーとの共催2大会を含む、海外13試合に出場したが、もちろん未勝利。ポイントはどんどん減るばかりで、トップ100圏外に消えるのも時間の問題だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る