• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「甲子園の時季に強い」…巨人岡本30発到達に“28度”の秘訣

「去年までファームにいる時も、内田さん(現二軍打撃コーチ)に『夏の甲子園の時季になると、おまえは打つよな』と言われていました。春先の寒いのより暑い方が好き。体が動きますから」

 185センチ、96キロ。チームで唯一全試合にスタメン出場している頑健さがウリだ。夏バテとも無縁。食事は時間を見つけて小まめに口にすることで、今年のような酷暑でも体重が落ちることはないという。

「暑くても食べられなくなることはありません。夜もちゃんと眠れます。でも、クーラーはあまり好きやない。高校の時までは(自宅の)窓を開けて扇風機をかけて寝るのが好きやった。でも今年は暑過ぎて……。エアコン、つけちゃいますね。寮やマンションって(構造的に)暑くないですか? 実家のある奈良も暑い? いやいや、一軒家だと夜は結構、涼しいんですよ。だから今はエアコンを強過ぎないように弱くしている。28度くらいに設定すると、クーラーを感じないで寝られるんです」

 睡眠時間は7時間以上と決めている。季節は秋へと変わっても、この若き4番が、現在3位のチームをクライマックスシリーズ進出へ導くキーマンなのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る