「甲子園の時季に強い」…巨人岡本30発到達に“28度”の秘訣

公開日:

「去年までファームにいる時も、内田さん(現二軍打撃コーチ)に『夏の甲子園の時季になると、おまえは打つよな』と言われていました。春先の寒いのより暑い方が好き。体が動きますから」

 185センチ、96キロ。チームで唯一全試合にスタメン出場している頑健さがウリだ。夏バテとも無縁。食事は時間を見つけて小まめに口にすることで、今年のような酷暑でも体重が落ちることはないという。

「暑くても食べられなくなることはありません。夜もちゃんと眠れます。でも、クーラーはあまり好きやない。高校の時までは(自宅の)窓を開けて扇風機をかけて寝るのが好きやった。でも今年は暑過ぎて……。エアコン、つけちゃいますね。寮やマンションって(構造的に)暑くないですか? 実家のある奈良も暑い? いやいや、一軒家だと夜は結構、涼しいんですよ。だから今はエアコンを強過ぎないように弱くしている。28度くらいに設定すると、クーラーを感じないで寝られるんです」

 睡眠時間は7時間以上と決めている。季節は秋へと変わっても、この若き4番が、現在3位のチームをクライマックスシリーズ進出へ導くキーマンなのは間違いない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  3. 3

    オークラを提訴 久兵衛に危惧されるホテル業界の総スカン

  4. 4

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  5. 5

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  6. 6

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  7. 7

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  8. 8

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  9. 9

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  10. 10

    東電に8兆円超も税金投入…政府や電力会社がおかしい!

もっと見る