ヒヤヒヤの連勝…稀勢の里が悩む肉体と実戦感覚の不一致

公開日:

 土俵を見守ったある親方は「不安が的中した」と、こう話す。

「稀勢の里にとって、最も懸念されていたのが実戦離れ。途中休場も含めて8場所連続休場となれば、肝心の土俵感覚が鈍るのは避けられないからね。初日は同じ四つ相撲の勢だけに、出足に迷いはなかった。けれども貴景勝は押し相撲。稀勢の里は相手が何をしてくるか分からないと思ったのか迷いが生まれ、低い立ち合いをモロに食らってしまった。それでも体勢を崩しながら残せたのは、肉体的には横綱昇進前後の全盛期に戻りつつある証拠。これで感覚も取り戻せれば言うことはないが、まだ時間がかかるかもしれない。この日のように、うまくしのげればいいが……」

 薄氷を踏むがごとき勝利。2連勝とはいえ、油断は禁物だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  2. 2

    安倍首相は「年金資産」を北方領土とバーターする気だった

  3. 3

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

  4. 4

    大谷のア新人王を非難 東地区2球団の投手陣が右肘を狙う

  5. 5

    新人王でも来季は年俸7500万円 大谷の「大型契約」はいつ?

  6. 6

    交渉前に「お断り」…FA浅村に蹴飛ばされたオリの自業自得

  7. 7

    エ軍が大谷の復帰に慎重姿勢 あの日本人投手が反面教師に

  8. 8

    ソフトBが“相場破壊” 浅村に大魔神&松井超えの札束用意か

  9. 9

    大みそかToshlとYOSHIKI“バラ売り” 「X JAPAN」どうなる?

  10. 10

    大人も答えられない「正しいあいさつ」を小2に押しつけ

もっと見る