ヒヤヒヤの連勝…稀勢の里が悩む肉体と実戦感覚の不一致

公開日:

 横綱としては「勝負で勝ったが、相撲で負けた」といったところか。

 白星発進の稀勢の里(32)は10日、小柄ながらパワーとスピードを兼ね備えた押し相撲の貴景勝と対戦。これまで1勝2敗と負け越していただけに、やりづらい相手だったのは確かだろう。立ち合いで一気に土俵際に追い込まれると、引き技をモロに食らって体が前に泳いでしまった。なんとか残すも、貴景勝にすかさず攻められ、万事休す――と誰もが思ったはずだ。

 しかし、稀勢の里はピンと伸ばした右足を徳俵にかけて粘ると、トドメを刺そうとする貴景勝を右からの突き落とし。

 崖っぷち横綱の大逆転に、館内には割れんばかりの歓声が響いた。

 支度部屋では「集中してやりました。また、しっかり集中してやります」と話した稀勢の里に対し、敗れた貴景勝は「負けたんで……負けは負けっすから」とタメ息。悔しさを押し殺すように、「過去のイメージ? 今までのことは全部忘れて、初対戦の気持ちで臨んだ。(横綱を)崩しきれなかった。自分の弱さだと思います」と続けた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  10. 10

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

もっと見る