• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

御嶽海の大関とりに追い風 稀勢の里の去就騒動で重圧低下

 先場所、自身初優勝を果たし、9月場所(9日初日)は大関とり。にもかかわらず、さほど話題になっていないのが御嶽海(25)だ。

 4日は春日野部屋に出稽古に赴き、大関栃ノ心ら相手に5勝11敗。8月31日に行われた横綱審議委員会の稽古総見では1勝13敗とふるわず、八角理事長(元横綱北勝海)から「気迫不足」と苦言を呈された。

 とはいえ、御嶽海はもともと「稽古より本場所」というタイプ。稽古を必死でやってケガをしたらバカバカしい……という、大卒(東洋大)かつ現代っ子力士らしい考えの持ち主だ。

 その御嶽海の追い風となっているのが、土壇場に追い込まれた横綱稀勢の里(32)の存在だろう。9月場所が現役最後の場所となりかねないとあって、この和製横綱に注目が集まっている。

「普通、初優勝の上に大関とりともなれば、どこに行くにも相撲担当記者がぞろぞろと後ろをついてくる。週刊誌もネタ探しをするでしょうし、テレビやイベントの出演依頼も殺到する。それが徐々にプレッシャーとなり、結果的に重圧に押し潰されて昇進できなかった力士は少なくない。御嶽海は稽古もプライベートもマイペース。もし、過剰報道でそれが崩されようものなら、大関昇進に赤信号がともったはずです」(古株の相撲記者)

 御嶽海は直近の2場所で9勝、13勝。大関昇進は3場所33勝以上が基準とされているので、9月場所は11勝以上がノルマとなる。

 あとはこのまま稀勢の里センパイがメディアの目を引きつけてくれれば、昇進は堅い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

  4. 4

    BTSとのコラボ中止に賛否 顔に泥塗られた秋元康“次の一手”

  5. 5

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  6. 6

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  7. 7

    G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

  8. 8

    アマ競技で多発する不祥事 機能不全のJOCに解決できるのか

  9. 9

    K-POPガールズ空前のブーム レコード会社熾烈争奪戦の行方

  10. 10

    狙われる関ジャニ∞…錦戸&大倉“ベッド写真”流出の裏事情

もっと見る