御嶽海の大関とりに追い風 稀勢の里の去就騒動で重圧低下

公開日:

 先場所、自身初優勝を果たし、9月場所(9日初日)は大関とり。にもかかわらず、さほど話題になっていないのが御嶽海(25)だ。

 4日は春日野部屋に出稽古に赴き、大関栃ノ心ら相手に5勝11敗。8月31日に行われた横綱審議委員会の稽古総見では1勝13敗とふるわず、八角理事長(元横綱北勝海)から「気迫不足」と苦言を呈された。

 とはいえ、御嶽海はもともと「稽古より本場所」というタイプ。稽古を必死でやってケガをしたらバカバカしい……という、大卒(東洋大)かつ現代っ子力士らしい考えの持ち主だ。

 その御嶽海の追い風となっているのが、土壇場に追い込まれた横綱稀勢の里(32)の存在だろう。9月場所が現役最後の場所となりかねないとあって、この和製横綱に注目が集まっている。

「普通、初優勝の上に大関とりともなれば、どこに行くにも相撲担当記者がぞろぞろと後ろをついてくる。週刊誌もネタ探しをするでしょうし、テレビやイベントの出演依頼も殺到する。それが徐々にプレッシャーとなり、結果的に重圧に押し潰されて昇進できなかった力士は少なくない。御嶽海は稽古もプライベートもマイペース。もし、過剰報道でそれが崩されようものなら、大関昇進に赤信号がともったはずです」(古株の相撲記者)

 御嶽海は直近の2場所で9勝、13勝。大関昇進は3場所33勝以上が基準とされているので、9月場所は11勝以上がノルマとなる。

 あとはこのまま稀勢の里センパイがメディアの目を引きつけてくれれば、昇進は堅い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  2. 2

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  5. 5

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  6. 6

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    お手本は韓国…政府推進「キャッシュレス社会」の恐ろしさ

  9. 9

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  10. 10

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

もっと見る