稽古は完全復活…稀勢の里は“ノミの心臓”が本場所のネック

公開日: 更新日:

 和製横綱がついに腹をくくった。

 6日、横綱稀勢の里(32)が阿武松部屋を訪れ、気鋭の阿武咲と14番。その場では「しっかり準備はできた」と話すにとどめたが、師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)を通じ、9月場所出場を明らかにした。

 先場所まで歴代最長となる8場所連続休場。9月場所の成績次第で土俵を去らざるを得ないことは、誰よりも稀勢の里本人が理解している。7月場所の休場を決めた際には、「来場所にすべてをかけたい」と話していた。

 ある親方は「稽古内容が変わった」と、こう続ける。

「休場中は左四つ一辺倒。強引に左を差そうとし、差せなければ何もできない、という相撲しか取れずに苦戦していた。それが夏巡業あたりから、徐々に変わった。左が無理なら右から攻めるといった具合に、相撲の幅が広がってきた。夏巡業で肌を合わせた力士たちも、口々に『いや、やっぱり横綱は強い』と、お世辞抜きに舌を巻いていた。一番強かった頃に比べて左は万全とは言えないが、右も使えれば十分勝ち目はある。優勝争い? それはさすがに無理だけど、勝ち越せるくらいには肉体も復活している」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    桑田真澄に“鬼と仏”の二面性 PL学園、巨人時代の後輩語る

  2. 2

    麻生財務相「一律10万円再給付ない」発言に若者も怒り心頭

  3. 3

    キムタクと交際の噂があった“かおりん”直撃 9年近い交際

  4. 4

    子飼い河野氏が担当相 菅政権ワクチン信仰に不都合な事実

  5. 5

    森七菜にチラつくステージママの影 囁かれる開店休業危機

  6. 6

    上白石萌音「ボス恋」に有名映画と酷似の声…どう跳ね返す

  7. 7

    田中に楽天復帰報道 それでもメジャー続行これだけの根拠

  8. 8

    ドラフト下位指名の“大化け”筆頭候補は巨人6位左腕・山本

  9. 9

    菅首相 官房長官時代に使った機密費“86億8000万円”の衝撃

  10. 10

    上白石人気は萌歌→萌音に…女優姉妹で“逆転現象”のナゼ?

もっと見る