• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

稽古は完全復活…稀勢の里は“ノミの心臓”が本場所のネック

 和製横綱がついに腹をくくった。

 6日、横綱稀勢の里(32)が阿武松部屋を訪れ、気鋭の阿武咲と14番。その場では「しっかり準備はできた」と話すにとどめたが、師匠の田子ノ浦親方(元前頭隆の鶴)を通じ、9月場所出場を明らかにした。

 先場所まで歴代最長となる8場所連続休場。9月場所の成績次第で土俵を去らざるを得ないことは、誰よりも稀勢の里本人が理解している。7月場所の休場を決めた際には、「来場所にすべてをかけたい」と話していた。

 ある親方は「稽古内容が変わった」と、こう続ける。

「休場中は左四つ一辺倒。強引に左を差そうとし、差せなければ何もできない、という相撲しか取れずに苦戦していた。それが夏巡業あたりから、徐々に変わった。左が無理なら右から攻めるといった具合に、相撲の幅が広がってきた。夏巡業で肌を合わせた力士たちも、口々に『いや、やっぱり横綱は強い』と、お世辞抜きに舌を巻いていた。一番強かった頃に比べて左は万全とは言えないが、右も使えれば十分勝ち目はある。優勝争い? それはさすがに無理だけど、勝ち越せるくらいには肉体も復活している」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    東京、神奈川、四国…“地方票”石破氏の猛追に安倍陣営焦り

  2. 2

    “被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

  3. 3

    体操協会なぜ切れず? 塚原夫妻“職務一時停止”本当の目的

  4. 4

    海外では国民が猛反発…「年金改悪」日本だけがやすやすと

  5. 5

    “塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    右肘手術をさせたいエ軍と避けたい大谷翔平…暗闘の全内幕

  8. 8

    「稼いだのは1カ月…」ブレークから10年たった鼠先輩は今

  9. 9

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  10. 10

    プーチンに後から反論…安倍首相“フェイク発言”の苦し紛れ

もっと見る