白星発進の稀勢の里 “星勘定”せずに相撲が取れるかがカギ

公開日:

 満員御礼の観衆、国技館に残っていた力士、親方衆も、固唾をのんで見守った。

 大相撲9月場所初日、8場所連続休場明けで進退が問われている横綱稀勢の里(32)が、勢を下し、白星発進。今年1月場所2日目以来となる237日ぶりの勝利を手にした。

 立ち合いで低く当たった稀勢の里は左下手を取ると、迷いなく寄り。勢の苦し紛れのはたきも意に介さず、一気に寄り切った。

 待望の初日に、館内は大歓声。支度部屋に詰めていた報道陣の間からは、安堵のため息が漏れた。

 稀勢の里はといえば、厳しい表情を崩さず、勝ち残りの土俵下でも口を「へ」の字に曲げたまま。

 支度部屋では「集中してやるだけ」「自分の力を出すだけ」と、ぽつぽつと話し、2日目以降の取組に関しては「今日は今日なので」と答えた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  7. 7

    辺野古「県民投票」不参加表明 沖縄県“アベ友”5市長の評判

  8. 8

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  9. 9

    広島・誠也が打点王宣言も “新3番”長野に丸の代役務まるか

  10. 10

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

もっと見る