2度目の週間MVPで監督太鼓判も…大谷「新人王」に5つの壁

公開日:

 今季のエンゼルスが弱い点もマイナスだ。プレーオフ進出がほぼ決定的なヤンキースに対し、大谷のエンゼルスは地区首位のアストロズから19ゲーム離された4位。プレーオフはもはや完全に圏外だ。残した数字が似たり寄ったりなら、チームの成績を押し上げた選手に分がある。

 ヤンキースの2人と比べて、出場試合数や打席数が少ないことも障害になる。無事これ名馬というか、メジャーリーガーは試合に出続けてナンボととらえられる。そこへいくと大谷は右肘靱帯損傷で約20日間、故障者リスト入りしたうえ、登板日の前後は調整にあてて試合を休む。ベーブ・ルース以来、100年ぶりの二刀流とはいえ、投打ともに突出した成績を残したわけでも、残せるわけでもない。物理的にも不可能なのだ。

「大谷が昨オフ、エンゼルスを選ぶ過程で7球団に絞って面談、さらに6球団をふるいにかけたことも、いまだにシコリとなっています」とはさる放送関係者だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  2. 2

    特番「細かすぎて伝わらない」木梨憲武&関根勤不在のワケ

  3. 3

    片山大臣が一転弱気 カレンダー疑惑“証人続々”に戦々恐々

  4. 4

    誤球の松山に「お粗末の極み」と厳し声 手抜きの指摘も

  5. 5

    北方領土2島先行返還を阻む日米安保「基地権密約」の壁

  6. 6

    玉城知事の訴え効果あり 辺野古阻止は軟弱地盤が足がかり

  7. 7

    都内のスーパーで特売品を 安室奈美恵「引退後2カ月」の今

  8. 8

    M&Aはコミットせず…赤字転落「RIZAP」子会社切り売り必至

  9. 9

    移民利権で私服を肥やす 天下り法人「JITCO」の“商売方法”

  10. 10

    芸能記者ざわつく…朝ドラ共演の永野芽郁と志尊淳が接近?

もっと見る