安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

甲斐野央(投手・東洋大)フォークは速球と同じ腕の振り

公開日: 更新日:

 今年の東洋大には、同じ学年に上茶谷大河(京都学園)、梅津晃大(仙台育英)、同じ右投げの快腕が2人いて、他にも何人かリーグ戦で通用する投手がいるので、もっぱら「守護神」として投げてきた。

 登板するのはたいていが、勝ちが見え隠れする展開での試合終盤だ。緊迫の状況で投げ続けてきた「経験値」は高い。同時に、登板イニング数が多くないので、肩がまだ若いのも先の楽しみになろう。

 ちょっと気になるのが、普段どんな練習をしているのか。1イニングから、せいぜい3イニングの「本番」だから、それぐらい投げられる体力と肩の力があればよい。そんなつもりで練習してはいないだろうが、プロは「春・秋の野球」ではない。先発だろうが、リリーフだろうが、1年間投げ続けられる「耐久力」は今から身につけておきたい。

 3イニングぐらいなら、コンスタントに150キロ前後のスピードを続けられて、速球と同様の猛烈な腕の振りからのフォークは、プロの一軍打者たちも、なかなか捉えづらいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  3. 3

    アンジャ渡部の黒すぎる裏の顔 交際女性や後輩が続々暴露

  4. 4

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  5. 5

    実は交際4年?綾瀬はるか「私と結婚しなさい」発言の真意

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    会見はムダ…渡部建の芸能界復帰が絶対にあり得ない理由

  8. 8

    嵐・相葉に流れ弾…渡部建“トイレ不倫”騒動でトバッチリ

  9. 9

    コロナ3カ月で抗体減 集団免疫とワクチンは“風前の灯火”か

  10. 10

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

もっと見る