安倍昌彦
著者のコラム一覧
安倍昌彦スポーツライター

1955年、宮城県生まれ。早大卒。アマ時代に捕手としてプレーした経験を生かし、ドラフト候補のボールを実際に受けて取材するスタイルを確立。通称「流しのブルペン捕手」。自身が責任編集を務める雑誌「野球人」を始め、著書、寄稿は多数。

甲斐野央(投手・東洋大)フォークは速球と同じ腕の振り

公開日: 更新日:

 今年の東洋大には、同じ学年に上茶谷大河(京都学園)、梅津晃大(仙台育英)、同じ右投げの快腕が2人いて、他にも何人かリーグ戦で通用する投手がいるので、もっぱら「守護神」として投げてきた。

 登板するのはたいていが、勝ちが見え隠れする展開での試合終盤だ。緊迫の状況で投げ続けてきた「経験値」は高い。同時に、登板イニング数が多くないので、肩がまだ若いのも先の楽しみになろう。

 ちょっと気になるのが、普段どんな練習をしているのか。1イニングから、せいぜい3イニングの「本番」だから、それぐらい投げられる体力と肩の力があればよい。そんなつもりで練習してはいないだろうが、プロは「春・秋の野球」ではない。先発だろうが、リリーフだろうが、1年間投げ続けられる「耐久力」は今から身につけておきたい。

 3イニングぐらいなら、コンスタントに150キロ前後のスピードを続けられて、速球と同様の猛烈な腕の振りからのフォークは、プロの一軍打者たちも、なかなか捉えづらいだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る