“塚原派”にも追い込まれ…コーチ不在の宮川紗江に引退危機

公開日: 更新日:

「犬死に」となってしまうのか。

 日本体操協会の塚原千恵子女子強化本部長(71)と夫の光男副会長(70)からのパワハラ被害を訴えたリオ五輪女子代表の宮川紗江(19)。指導を受ける速見佑斗コーチ(34)が暴力行為による無期限の登録抹消処分となり、専任コーチ不在の状態が続いている。

 現在は埼玉県内の施設で練習しているものの、見ているのは代理のコーチ。内容は基礎的なものにとどまり、高難度の技や課題には手をつけられない状況だ。五輪メダリストの池谷幸雄氏によれば「体操選手は1日単位で体の状態が変わる」。繊細な感覚の維持が必要とされる競技だけに、この“空白”は選手にとって命取りになりかねない。

 今回の騒動で宮川は世界選手権の代表候補を辞退。不退転の覚悟で声を上げた18歳に世間は同情した。協会の具志堅幸司副会長も宮川を擁護したが、速見コーチの暴力映像が公開されると、風向きが変わる。映像を見た具志堅副会長は衝撃のあまり数秒間沈黙。「これはアカンわ」と絶句した。当初は「個人としては早く(指導に)復帰してほしい」と話していたが、「処分が変わることはない。処分は妥当」と厳しい口調に変化。速見コーチが「重すぎる」と処分を不服として、指導者の地位保全を求める仮処分の申し立てを行った(のちに取り下げ)ことも、心証の悪さを引き立てた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    6億円FAが補欠かも…巨人炭谷の正捕手を阻む小林の“鬼肩”

  2. 2

    安倍首相またウソ “自衛官の息子涙目”逸話には元ネタあり

  3. 3

    もし“キャンプ番長”斎藤佑樹の指導者が栗山監督以外なら…

  4. 4

    自民・田畑毅氏離党か…永田町で飛び交う“女性醜聞”の中身

  5. 5

    夏の甲子園準Vの日本文理野球部で…窃盗事件もみ消し疑惑

  6. 6

    官邸文書申し入れ問題 記者イジメなぜ内閣記者会ダンマリ

  7. 7

    まるで残尿内閣…統計不正キーマン“チョロ出し”の時間稼ぎ

  8. 8

    日本初「事業再生支援会社」の着手案件が次々と破綻危機

  9. 9

    和田アキ子戦々恐々…カンニング竹山が「ご意見番」下剋上

  10. 10

    ゲレーロ濃厚も…巨人の“超大穴”左翼を他球団が密かに警戒

もっと見る