“被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

公開日:

「34年も前のことですが鮮明に覚えています」

 こう語るのは、関西にある私立中学体操部の元監督だ。

 連日、マスコミを賑わせている日本体操協会の塚原光男副会長(70)と塚原千恵子女子強化本部長(71)の宮川紗江選手(19)へのパワハラ問題。元監督は塚原夫妻の一連の言動について、ずっと不信感を抱き続けているという。

「1984年の11月です。うちの体操部の中学2年の女子選手が全国大会の個人総合で3位に入った。翌朝、その子の母親が学校に来て、東京の学校へ行くので書類を書いて欲しいという。どこへ転校するのかと聞いても何も言わない。当時も朝日生命体操クラブの引き抜きの噂はあったのでピンときた。朝日生命は中学、高校のチャンピオンからトップ3ぐらいまでの選手を引っ張る。動くのは塚原夫妻ではない。この時は関西ジュニア体操クラブ協議会の幹部でした。私は塚原(光男)さんに電話をして、うちの生徒がそちらに行くなら正直に言ってくださいと言ったが『そんな話は知らない』という。それはおかしい、転校の書類が書けないと言い返すと、渋々認めましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る