“被害者”が激白 塚原夫妻の無責任指導とでっち上げの実態

公開日:

「34年も前のことですが鮮明に覚えています」

 こう語るのは、関西にある私立中学体操部の元監督だ。

 連日、マスコミを賑わせている日本体操協会の塚原光男副会長(70)と塚原千恵子女子強化本部長(71)の宮川紗江選手(19)へのパワハラ問題。元監督は塚原夫妻の一連の言動について、ずっと不信感を抱き続けているという。

「1984年の11月です。うちの体操部の中学2年の女子選手が全国大会の個人総合で3位に入った。翌朝、その子の母親が学校に来て、東京の学校へ行くので書類を書いて欲しいという。どこへ転校するのかと聞いても何も言わない。当時も朝日生命体操クラブの引き抜きの噂はあったのでピンときた。朝日生命は中学、高校のチャンピオンからトップ3ぐらいまでの選手を引っ張る。動くのは塚原夫妻ではない。この時は関西ジュニア体操クラブ協議会の幹部でした。私は塚原(光男)さんに電話をして、うちの生徒がそちらに行くなら正直に言ってくださいと言ったが『そんな話は知らない』という。それはおかしい、転校の書類が書けないと言い返すと、渋々認めましたよ」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る