プロの好スコアが証明する名門ゴルフ場の“正当な難易度”

公開日: 更新日:

【ダイヤモンドカップゴルフ

 先月のライザップKBCオーガスタで初優勝を遂げた出水田大二郎(25)が、4連続を含む9バーディー、1ボギーの63で回り単独トップに立った。

 初日は53選手がアンダーパーでホールアウトするなど、好スコアが続出した。会場はタフなコースとして知られる故・井上誠一設計の名門ゴルフ場だ。

 難易度を示すコースレートは74.0(バックティー7063ヤード・パー72)。コースレートは一般的に72を超えると難しいゴルフ場といわれる。74ならハンディ0のゴルファーがアンダーパーで回るのが難しく、平均すればオーバーパーになるという目安だ。

 今大会はパー71設定で行われているがプロには簡単だったようだ。

「プロとアマでは飛距離が違うから、コースレートには何の意味もない。いまのプロはドライバーで300ヤードぐらい飛ばし、パー4なら2打目はウエッジやショートアイアンになり、パー5は2オンも可能だからプレッシャーが少なかったのでしょう。そういった意味では、プロの試合開催にふさわしい世界基準のゴルフ場がわが国には少ない。マスターズは高速グリーンを狙うショットに神経を使い、バーディーを奪うにはさまざまな技術が選手に要求される。国内大会はプロの技量の差が出ない会場ばかりです」(評論家・宮崎紘一氏)

 米国のメジャー開催コースは、「うちのコースはプロがプレーしても難しい」とメンバーが自慢するという。わが国では肩身の狭いメンバーばかりか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死 昵懇だった三浦春馬さんの死と自身の不調

  2. 2

    巨人のドラフトとFA補強にソフトBの壁 争奪戦ガチンコ必至

  3. 3

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  4. 4

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  5. 5

    収入すべてを使い切る生活 今の暮らしでは4年後に老後破綻

  6. 6

    巨人と阪神が熱視線 ドラ1候補近大・佐藤の気がかりなキズ

  7. 7

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  8. 8

    虎フロントは今オフ大刷新 2度目のクラスターに親会社激怒

  9. 9

    原巨人がついに着手する“リストラ”作業 FA補強の影響は?

  10. 10

    スガ友人事横行 異例抜擢“秋田つながり”柿崎補佐官の評判

もっと見る