6アンダー首位発進も…手足に爆弾抱える鈴木愛の敵は“雨”

公開日:  更新日:

【マンシングウェアレディース東海クラシック】

 男女を問わず、中堅以上のツアープロなら肘や腰、膝など、体のどこかに古傷や慢性の痛みを抱えている。昨年の賞金女王・鈴木愛(24)の場合は右手首と左膝だ。

 今季はここまで13試合に出場。足や手首にテーピングをする痛々しい姿でプレーしながら6月までに4勝したが、患部に痛みが出てサマンサタバサからゴルフ5まで8週間も休養を取った。それでも現在の獲得賞金は1億1000万円を超えてランク3位にいる。

 今大会の初日は、ツアー未勝利の香妻琴乃と6アンダーで首位に並んだ。右手首に故障を抱えているとは思えないプレーぶりだったが、あるツアー関係者がこう言う。

「鈴木の長期休みは、後半戦を見据えてのこと。とくに、27日開幕の女子オープンは是が非でもタイトルが欲しい。問題は爆弾を抱えている右手首と左膝の状態です。この日は時々雨が降り、気温は22度を割った。週末も快晴は望めず、雨が降れば気温も下がる。故障持ちにとっては無理はできません」

 日本女子オープンといえば、大会3連覇がかかる畑岡奈紗(19)の参戦が決定。昨年は10打差の4位に甘んじた賞金女王の鈴木にはそれを阻止する「使命」がある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のスポーツ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    豊洲市場の事故現場は“血の海”だった…目撃者は顔面蒼白

  2. 2

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  3. 3

    「人の税金で学校」麻生大臣また舌禍で安倍政権の公約破壊

  4. 4

    袴田吉彦と“アパ不倫”の真麻さん 新恋人との「結婚」激白

  5. 5

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

  6. 6

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  7. 7

    元武富士ダンサーズ 大西裕貴子さんが明かす“CM撮影秘話”

  8. 8

    ネットに顔さらされた運転手はホリエモンを訴えられる?

  9. 9

    関根正裕×江上剛 総会屋事件対応した2人が語る今の銀行界

  10. 10

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

もっと見る