主催者と分配する放映権料はLPGAの懐が一番潤うシステム

公開日: 更新日:

 日本女子プロゴルフ協会(LPGA)と大会主催者との間で放映権を巡って対立が深刻化している。このままでは、来季女子ツアーの日程発表にも「深刻な影響が出るかもしれない」と危惧の念を抱く業界関係者は多い。

 当初、9月25日(火)とLPGAが期限を決めたツアー開催協約書の締結日が、「協議する必要がある」と急きょ2カ月以上も延びて11月28日(水)になったことでも協会内部がゴタゴタしているのが分かる。

 昨年9月に小林浩美LPGA会長が事前の根回しもなく、「2019年から放映権は協会が一括管理する」という文書を主催者に送り付けたのも、「これまで曖昧だった放映権の帰属」(関係者)を一方的に「自分たちのモノ」と宣言したのも同然だ。

「放映権は主催者に帰属する」というLPGA発足以来の長く続いた不文律をぶち壊そうとしているのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    岡部大がブレークか 代役MCにドラマ出演、CMも隠れた人気

  2. 2

    石破茂氏だけじゃなかった…菅新首相の露骨な「岸田潰し」

  3. 3

    ドコモ口座詐欺事件で知っておきたい絶対NGな「暗証番号」

  4. 4

    優香に女優復帰待望論 衰えぬ美貌で深キョンもタジタジ?

  5. 5

    菅首相の父は豪放磊落な地元の名士 まったく違うタイプ

  6. 6

    「エール」音の妹と裕一の弟子が急接近…「露営の歌」秘話

  7. 7

    立川談志は「講談の時代がくる」と予言した

  8. 8

    “青汁王子”こと三崎優太氏のYouTubeでの主張に対する弊社の見解

  9. 9

    田中みな実に22年大河ドラマ内定報道 浮上した2つの不安

  10. 10

    大坂なおみ驚きの“アゲマン効果”…恋人ラッパーは超有名に

もっと見る