広島に“聖域”なし 「タナキクマル」復活までの内なる闘争

公開日: 更新日:

「中では結構バチバチやってますよ」

 こう言うのは、広島のマスコミ関係者だ。

 リーグ3連覇を目前に控える広島。21日の阪神戦では8月17日以来となる1番田中、2番菊池、3番丸の「タナキクマル」トリオが復活した。

 この3人はどうあってもカープに欠かせない戦力なのだが、緒方監督は今季、この「トリオ」にあえて、メスを入れた。

「緒方監督は開幕直前、『この形を変えるつもりはない』と言っていた。トリオはすでに“聖域”になりつつあったが、田中と菊池は開幕から打撃が低調だった。コーチの進言もあり、『タナキクマル』を解体したのです」(前出の関係者)

 まず、菊池を7月26日にスタメン落ちさせると、8月18日には同じく不振が続いた田中を7番に降格させた。2人は8番を打つことさえあった。常勝チームのバリバリのレギュラーだから、プライドはある。

「田中も菊池も心の中では不満があったでしょうが、腐ることなく反骨心でプレーしている。一方、首脳陣とすれば難しい判断だったと思う。やり方次第では内紛に発展しかねませんが、いくら実績がある選手でも必要以上の特別扱いはしない。特に野手は選手層が分厚い。出番が欲しくてウズウズしている若手、中堅はワンサカいる。チーム内の競争をあおる目的もあるのです」(広島OB)

 広島は昔から荒くれ者もいて、ときにチーム内でバチバチやってきた。それが3連覇の原動力になっているのだろう。ナアナアでやって勝てないよりはよほど健全だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

    「親の力を借りず」と言った河野景子の次女・白河れいは大ウソ…物的証拠を入手!

  2. 2
    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

    ロンブー淳が言及したガーシー議員の「ワイドナショー」出演 吉本興業が忌み嫌う“過去のトラウマ”

  3. 3
    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

    ロンブー淳も疑義…篠田麻里子の不倫報道に違和感だらけの「擁護記事」が飛び出すウラ事情

  4. 4
    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

    水道橋博士“病状”の根っこにビートたけしとの関係悪化…師匠に見捨てられ議員辞職の憂き目に

  5. 5
    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

    麻生太郎氏のプライドはズタズタ…地元首長選で“天敵”武田良太氏に2連敗の大ピンチ

  1. 6
    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

    大谷のWBC起用法めぐる栗山監督とエ軍のとてつもない温度差…GM「制限ない」は口先だけ

  2. 7
    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

    多発する闇バイト強盗事件の背景に貧困問題…SNSで「ありがとう自民党政治」拡散の皮肉

  3. 8
    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

    東海大菅生の不祥事は氷山の一角…アマ球界「諸悪の根源」を強豪中学チーム監督が明かす

  4. 9
    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

    「所JAPAN」打ち切りで佐々木希とばっちり…大御所のリストラ騒動でレギュラー喪失危機

  5. 10
    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」

    次女・石橋静河強し!ドラマ界席巻する“石橋ファミリー”が乗り越えた「21年前の隠し子騒動」