広島に“聖域”なし 「タナキクマル」復活までの内なる闘争

公開日: 更新日:

「中では結構バチバチやってますよ」

 こう言うのは、広島のマスコミ関係者だ。

 リーグ3連覇を目前に控える広島。21日の阪神戦では8月17日以来となる1番田中、2番菊池、3番丸の「タナキクマル」トリオが復活した。

 この3人はどうあってもカープに欠かせない戦力なのだが、緒方監督は今季、この「トリオ」にあえて、メスを入れた。

「緒方監督は開幕直前、『この形を変えるつもりはない』と言っていた。トリオはすでに“聖域”になりつつあったが、田中と菊池は開幕から打撃が低調だった。コーチの進言もあり、『タナキクマル』を解体したのです」(前出の関係者)

 まず、菊池を7月26日にスタメン落ちさせると、8月18日には同じく不振が続いた田中を7番に降格させた。2人は8番を打つことさえあった。常勝チームのバリバリのレギュラーだから、プライドはある。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人・小林「銀さんに全部負け」直撃取材に“弱気発言”連発

  2. 2

    テレ朝が“忖度”人事か…安倍政権追及の経済部長を更迭

  3. 3

    ジャーナリスト宮下洋一氏 日本での安楽死法制化には反対

  4. 4

    ジャニー喜多川氏の救急搬送で中居正広と木村拓哉の今後は

  5. 5

    海外ドラマのメインキャストに 山下智久の気になる英語力

  6. 6

    日ハム輝星“直球8割でも抑えられる”を科学データで謎解き

  7. 7

    大船渡・佐々木朗希に“逆指名”させようともくろむ球団が

  8. 8

    34年ぶりリメーク「ヤヌスの鏡」は周到なダサさが成功の鍵

  9. 9

    宮迫「アメトーク!」優良スポンサーCM消滅危機で崖っぷち

  10. 10

    原監督は激怒 プロ最短KOを喫した巨人・菅野の孤独な闘い

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る