広島に“聖域”なし 「タナキクマル」復活までの内なる闘争

公開日: 更新日:

「中では結構バチバチやってますよ」

 こう言うのは、広島のマスコミ関係者だ。

 リーグ3連覇を目前に控える広島。21日の阪神戦では8月17日以来となる1番田中、2番菊池、3番丸の「タナキクマル」トリオが復活した。

 この3人はどうあってもカープに欠かせない戦力なのだが、緒方監督は今季、この「トリオ」にあえて、メスを入れた。

「緒方監督は開幕直前、『この形を変えるつもりはない』と言っていた。トリオはすでに“聖域”になりつつあったが、田中と菊池は開幕から打撃が低調だった。コーチの進言もあり、『タナキクマル』を解体したのです」(前出の関係者)

 まず、菊池を7月26日にスタメン落ちさせると、8月18日には同じく不振が続いた田中を7番に降格させた。2人は8番を打つことさえあった。常勝チームのバリバリのレギュラーだから、プライドはある。

「田中も菊池も心の中では不満があったでしょうが、腐ることなく反骨心でプレーしている。一方、首脳陣とすれば難しい判断だったと思う。やり方次第では内紛に発展しかねませんが、いくら実績がある選手でも必要以上の特別扱いはしない。特に野手は選手層が分厚い。出番が欲しくてウズウズしている若手、中堅はワンサカいる。チーム内の競争をあおる目的もあるのです」(広島OB)

 広島は昔から荒くれ者もいて、ときにチーム内でバチバチやってきた。それが3連覇の原動力になっているのだろう。ナアナアでやって勝てないよりはよほど健全だ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    オリンピアンの大甘同情論に透ける「特権意識」…血税注ぎ込まれているだけに厳罰必至の当然

  2. 2

    美川憲一「もういいわ」和田アキ子「ありえない」…切り捨てた重鎮に見捨てられたNHK紅白の末路

  3. 3

    「重圧は言い訳にならない」とバッサリ、体操界レジェンド池谷幸雄氏が語る「エース不在」の影響

  4. 4

    体操界は飲酒喫煙「常態化」の衝撃…かつてスポンサー企業もブチギレていた!

  5. 5

    悠仁さまが“定員3人”の狭き門・筑波大AC入試も余裕でクリアできるワケ…9月初めにも明らかに?

  1. 6

    まともに相撲が取れない貴景勝いまだ現役の裏に「親方株問題」 3場所連続休場で9度目カド番確定

  2. 7

    マイナ保険証ゴリ押しへ新たな「ニンジン作戦」…10月からこっそり診療報酬4割アップの姑息

  3. 8

    渡辺徹さんの死は美談ばかりではなかった…妻・郁恵さんを苦しめた「不倫と牛飲馬食」

  4. 9

    美川憲一がジャニー氏性加害問題に言及した重み…“オネエキャラ”転身までの苦難の道のり

  5. 10

    別居から4年…宮沢りえが離婚発表「新たな気持ちで前進」