屈辱の本拠地負け越し…巨人が東京ドーム嫌いになったワケ

公開日: 更新日:

「今世紀初」の屈辱だ。巨人が19日のDeNA戦に敗れ、今季は東京ドームで27勝32敗1分け。本拠地での負け越しは、1988年の開業以来、92年、97年の2度しかない。21世紀では初の屈辱となった。

 狭くてボールが飛ぶ球場。リーグ優勝が当たり前だった一昔前は、本塁打攻勢でねじ伏せていた。相手選手は「巨人の攻撃の時だけ追い風が吹く」と真顔で怒っていたものだ。そんな「地の利」も今は昔。今季はDeNAに2勝8敗、広島に3勝6敗の惨状だ。本拠地でさえ勝てなくなったのはなぜか。投手として中日、近鉄、横浜などで活躍し、巨人へFA移籍した経験を持つ門倉健氏(評論家)がこう指摘する。

「狭いのもそうですが、気圧や乾燥した空気の影響でボールが飛ぶのは確か。巨人はこの試合で3本塁打を浴びたように、今は相手が喜ぶ球場になっています。投手目線で言うと、最近の巨人の投手陣は全体的に球が高い。本塁打が出やすい球場なのは、巨人の選手が一番分かっているはずです。150キロ級の投手が増えましたが、140キロでいい。バッテリーが『アウトロー』をもっと意識して欲しい。初心に帰るしか道はありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  2. 2

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  3. 3

    「女子アナ好き」の性癖と合コン主催の太いタニマチ

  4. 4

    ジャニーズ退所・錦戸亮の争奪戦に名乗りを上げた大手プロ

  5. 5

    騒動から3年 いまだ地上波に復帰できない「のん」の現在地

  6. 6

    ミスコン女王にも冷ややかな目…土屋炎伽を待つ不穏な未来

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    相葉が手紙朗読で早くも確約?「嵐」活動再開への温度差

  9. 9

    日本会議系に統一教会系…安倍新内閣はまるで“カルト内閣”

  10. 10

    1979年に渡辺プロを独立 森進一が受けた“森潰し”の圧力

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る