ドラ1候補 報徳学園・小園の4失策を真に受けてはいけない

公開日: 更新日:

 だれが言ったか知らないが、ドラフト1位候補・小園海斗(報徳学園)の評価が落ちていると聞いた。

 宮崎で行われたU18の韓国、台湾戦で計4失策。日本代表にとって重要な試合で、失点につながる致命的なエラーをしたことがマイナスらしい。

 小園は走攻守、三拍子そろった遊撃手。夏の甲子園ではチームをベスト8に導いた。その後の国体でも活躍した根尾(大阪桐蔭)の評価がうなぎ上りで、小園から根尾に乗り換えた球団もあるって話だ。ウチのエラいさんまで、「う~ん、エラーした分、数値がちょっと……」なんて言い始めたらしい。

 だもんで、宮崎のU18に行った部長に聞いてみたんだ。小園はやっぱり、ダメなのかってね。

「打つ方はいい。というかバツグンだ。脚力もある。深く守ってる割に肩の強さはそれほどじゃないし、スローイングに難があるのも前から気になってたんだが、夏の甲子園のときと比べて宮崎での守備は確かにおかしかったな。腰高だし、どうも集中していないように見えた」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    新型肺炎の三馬鹿トリオ 引きずり降ろさなければ危機拡大

  3. 3

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<上>

  4. 4

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  5. 5

    ハイエナたちにしゃぶられた…“今太閤”羽柴秀吉さんの悲劇

  6. 6

    専門家より米政府優先 水際対策は政治的ポーズでしかない

  7. 7

    ビートたけし「芸能界最高齢」婚は色ボケか 識者2人が分析

  8. 8

    鈴木杏樹に「4000円ラブホ不倫」報道 超モテモテの評判も

  9. 9

    東京マラソン追随か 新型肺炎拡大でスポーツ界がピリピリ

  10. 10

    無策の上に疑惑まみれ 「肺炎対応」安倍政権は神頼み<中>

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る