貴乃花「弟子は我が子」の嘘 貴ノ岩の日馬富士訴訟で露呈

公開日:

 貴乃花(46)に言わせれば、「弟子は我が子」だという。9月25日の引退会見でも、「今後、弟子ではなくなりますが、意思としては師匠とお父さんと言うことになると思います」と話していた。

 だが、貴乃花は本心からそう思っているのだろうか。

 去る4日、貴ノ岩が元横綱日馬富士に対し、約2400万円の損害賠償を求める訴訟を起こした。貴ノ岩は昨年10月、元横綱に殴られ、頭部に全治2週間のケガ。11月場所と翌1月場所を休場。春巡業は心的外傷後ストレス障害(PTSD)で休んだ。

 ある親方は「貴ノ岩は事件を大ごとにしたくなかった」と、こう話す。

「なにせ、日馬富士が引退した直後、『これじゃあモンゴルに帰れなくなる……』とこぼしていたからね。先輩横綱への怒りや不満があったにせよ、引退までは望んでいなかった。それを貴乃花が協会批判の道具として利用した。貴ノ岩がPTSDになった原因も殴られたことより、結果的に母国の英雄を引退に追い込んでしまったことが大きかったというんだな。しかも、訴訟まで起こしたらますますモンゴル人脈の中では肩身が狭くなる。本当に貴ノ岩の意思で訴えたのかどうか、はなはだ疑問だね」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  7. 7

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  8. 8

    日大医学部“裏口入学”問題…逆ギレ学部長の呆れた言い訳

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る