態度が豹変…親方衆をア然とさせた貴乃花の“2つの事件”

公開日: 更新日:

 ある年の暮れ、親方同士が食事をすることになった。

 そこには貴乃花親方だけでなく、貴乃花親方と距離を置く親方の姿もあったというから、一門の仕事納めではない。単なる飲み会だろう。

 会がお開きになり、店先に「迎車」のタクシーが到着。貴乃花親方と反目する親方が車に乗り込もうとすると、貴乃花親方が開いたドアのところまですっ飛んできていきなり中腰に。両手を両膝に置きながら、「きょうは、ご苦労さまです。本当にありがとうございました!」と挨拶した。

 普段、協会で会っても顔すら合わせない貴乃花親方が平身低頭、まるでヤクザが仁義を切るかのようにふるまったものだから、その親方は面食らった。

 同様に貴乃花親方と敵対する別の親方は、こんな経験をした。

 ある年の元日。自宅兼相撲部屋でくつろいでいると、電話がかかってきた。相手は貴乃花親方からだった。会っても話すらしない間柄なのに、元日早々、何事かと受話器を取ると、「明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします」という年始の挨拶だった。

■関連キーワード

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1
    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

    大坂なおみ正念場…辣腕コーチとの契約終了は「愛想を尽かされた」ということ

  2. 2
    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

    「アイデア泥棒ではないか」就活生から企業に向けて怒りや不満の声が漏れるワケ

  3. 3
    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

    旧統一教会・田中会長“言い訳会見”に重大なウソ 会見弁護団・国民生活センターが次々指摘

  4. 4
    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

    佳子さまに“間違いないお相手”とのお忍び愛報道 眞子さんと「同じ選択」なら秋篠宮家どうなる

  5. 5
    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

    原監督が巨人の“聖域”をブチ壊し…よりによって中田翔が「第91代4番」の衝撃

  1. 6
    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

    「反日のエセ保守」である安倍政権で一貫していた「日本を破壊する」という強い意志

  2. 7
    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

    岸田首相と旧統一教会関係者の2ショット写真拡散!内閣改造をブチ壊す“脇の甘さ”に不安の声

  3. 8
    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

    キムタクは「おじさん構文」にピリピリ? インスタからすっかり絵文字が消えたナゼ

  4. 9
    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

    旧統一教会と接点ある副大臣・政務官は20人! カミングアウトしていない「3人の名前」

  5. 10
    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質

    山際経済再生相 内閣改造前は旧統一教会との癒着“完黙”→留任後カミングアウトの超悪質