CS進出で“地蔵”が一転…G由伸監督は辞任表明で変貌の皮肉

公開日: 更新日:

 高橋由伸監督(43)が就任して3年、巨人ナインからも「なにを考えているのか分からない人」という声が少なくなかった。喜怒哀楽の感情に乏しく、選手と積極的にコミュニケーションを取るタイプでもない。監督とは本来、そういうものだとかばう関係者もいるにはいたが、結果的にチーム一丸という雰囲気はまったく熟成しなかった。

 そんな由伸監督が3日の辞任発表後、明らかに変貌した。4日の広島戦前のミーティングでは、涙ながらに選手に退団を報告。「悔しいけどこれが現実」と泣きながら頭を下げた。阪神に勝って3位でのCS進出を確定させた9日も、2―1から陽岱鋼が2点適時三塁打を放つと大きく手を叩いてなにやら絶叫。七回には小林にスクイズのサインを出して貴重な追加点をもぎ取ると、5点差で迎えた九回にはエース菅野の投入である。

 動かない、動けないでファンから「地蔵監督」とヤユされた采配にも最後の最後になって変化が出てきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    木下優樹菜に仕事なくても給料払うと申し出た事務所の温情

  3. 3

    西村まさ彦が“乳がん離婚宣告”報道に「ハメられた」と困惑

  4. 4

    アンジャ渡部建の父が厳命 佐々木希の実家へお詫び行脚

  5. 5

    “年の差婚”で武田真治は祝福され城島茂は…イマイチな理由

  6. 6

    “ゴマカシ説明”連発の小池都知事が招く感染爆発と医療崩壊

  7. 7

    星野佳路氏 コロナと共生“マイクロツーリズム”で生き抜く

  8. 8

    安倍首相の顔色に異変…髪乱れ生気なく党内に懸念広がる

  9. 9

    厚労省が研究開始 7%が苦しむ新型コロナ「後遺症」の深刻

  10. 10

    マック鈴木さん 手探りのマイナーからデビューまでを語る

もっと見る