CS進出で“地蔵”が一転…G由伸監督は辞任表明で変貌の皮肉

公開日: 更新日:

 高橋由伸監督(43)が就任して3年、巨人ナインからも「なにを考えているのか分からない人」という声が少なくなかった。喜怒哀楽の感情に乏しく、選手と積極的にコミュニケーションを取るタイプでもない。監督とは本来、そういうものだとかばう関係者もいるにはいたが、結果的にチーム一丸という雰囲気はまったく熟成しなかった。

 そんな由伸監督が3日の辞任発表後、明らかに変貌した。4日の広島戦前のミーティングでは、涙ながらに選手に退団を報告。「悔しいけどこれが現実」と泣きながら頭を下げた。阪神に勝って3位でのCS進出を確定させた9日も、2―1から陽岱鋼が2点適時三塁打を放つと大きく手を叩いてなにやら絶叫。七回には小林にスクイズのサインを出して貴重な追加点をもぎ取ると、5点差で迎えた九回にはエース菅野の投入である。

 動かない、動けないでファンから「地蔵監督」とヤユされた采配にも最後の最後になって変化が出てきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    飯島直子は自分のアソコに水着の上からポラで割れ目を…

  2. 2

    応援演説にブーイング 杉田水脈議員が「自ら招いた危険」

  3. 3

    安倍政権GW外遊ラッシュ 13閣僚“海外旅行”に血税5億の衝撃

  4. 4

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

  5. 5

    池袋を暴走し母娘の命を奪った元通産官僚「記念館」の真偽

  6. 6

    吉高「定時で」も視聴率上昇 TBS火曜22時ドラマに“仕掛け”

  7. 7

    立憲民主“三重苦”で…野党結集へ態度一変した枝野氏の焦り

  8. 8

    理事長は怒り心頭 横綱白鵬「三本締め」けん責処分の意味

  9. 9

    写真誌に泥酔姿撮られた…米津玄師の「知られざる私生活」

  10. 10

    横綱白鵬に帰化を決意させた朝青龍とのギスギスした因縁

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る