CS進出で“地蔵”が一転…G由伸監督は辞任表明で変貌の皮肉

公開日:

 高橋由伸監督(43)が就任して3年、巨人ナインからも「なにを考えているのか分からない人」という声が少なくなかった。喜怒哀楽の感情に乏しく、選手と積極的にコミュニケーションを取るタイプでもない。監督とは本来、そういうものだとかばう関係者もいるにはいたが、結果的にチーム一丸という雰囲気はまったく熟成しなかった。

 そんな由伸監督が3日の辞任発表後、明らかに変貌した。4日の広島戦前のミーティングでは、涙ながらに選手に退団を報告。「悔しいけどこれが現実」と泣きながら頭を下げた。阪神に勝って3位でのCS進出を確定させた9日も、2―1から陽岱鋼が2点適時三塁打を放つと大きく手を叩いてなにやら絶叫。七回には小林にスクイズのサインを出して貴重な追加点をもぎ取ると、5点差で迎えた九回にはエース菅野の投入である。

 動かない、動けないでファンから「地蔵監督」とヤユされた采配にも最後の最後になって変化が出てきたのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M4~5級が異例頻発…南海トラフ地震「1~2年後」と専門家

  2. 2

    外国人技能実習生「怪死」にチラつく“反社会的勢力”の影

  3. 3

    難役を次々好演…林遣都は主役を光らせる最高の助演男優

  4. 4

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  5. 5

    ゴーン後継トヨタ副社長も ルノーが西川社長を追放する日

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    長谷川博己と破局報道 鈴木京香「もう育てきった」の真意

  8. 8

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  9. 9

    日ハムと巨人では“雲泥の差” 注目2球団補強の中身と狙い

  10. 10

    5分の1まで暴落のビットコイン 今こそ買い時か完全崩壊か

もっと見る