G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

公開日: 更新日:

 巨人は20日、ヤクルト戦が雨天中止となり、神宮の室内で練習を行った。打撃練習を見守った高橋由伸監督(43)は、DeNAに完敗した前日、就任3年目で初めて試合後の会見を拒否した。しかし、この日は穏やかな表情で報道陣に対応した。

 気になるのは4番の岡本和真(22)である。14日のDeNA戦で右手に死球を受けて以降、4試合で15打席連続無安打。負傷した親指と小指はテーピングでグルグル巻きにされているため、打撃手袋の2本の指の部分を切ってバットを振る姿は痛々しい。村田ヘッド兼バッテリーコーチによれば、それでも志願して出場しているという。指揮官は「体の疲れはあったりなかったり、経験することが大事。1年間(試合に)出てこそ得るものがある。今は彼が軸。彼に最後まで託したい」と期待を寄せた。

 20日現在、打率.308、31本塁打、95打点。史上最年少となる22歳シーズンでの3割30本100打点は目前だが、打率は死球からジワジワ落ちてきた。しかし、ここで休んでしまえば、100打点に届かない。借金8ながら辛うじて3位にいるチームが、このまま3位を死守してCSへ進めるか。若き4番の復調がカギを握るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    橋本環奈&坂本勇人が熱愛か 一途な“巨人愛”と意外な接点

  2. 2

    山口達也逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    瀬戸大也がラブホ不倫…妻が本紙に語っていた献身ぶり

  4. 4

    競泳・瀬戸大也に不倫認めスポンサー激震…夫婦でCM出演

  5. 5

    菅首相「テルテル外交」相手にされず…米豪政府は“塩対応”

  6. 6

    菅首相が仕掛ける“野党殲滅”解散…年内なら歴史的勝利か

  7. 7

    関ジャニ大倉が濃厚演技 ジャニーズ“脱アイドル化”の兆し

  8. 8

    岸防衛相は「初心者」 ゴッドマザー案件で初入閣した経緯

  9. 9

    菅一族は「地元エリート」 だった 叔父は東北電力の支店長

  10. 10

    かんぽ生命は前途多難 10.5営業再開もお詫び行脚で精一杯

もっと見る