G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

公開日: 更新日:

 巨人は20日、ヤクルト戦が雨天中止となり、神宮の室内で練習を行った。打撃練習を見守った高橋由伸監督(43)は、DeNAに完敗した前日、就任3年目で初めて試合後の会見を拒否した。しかし、この日は穏やかな表情で報道陣に対応した。

 気になるのは4番の岡本和真(22)である。14日のDeNA戦で右手に死球を受けて以降、4試合で15打席連続無安打。負傷した親指と小指はテーピングでグルグル巻きにされているため、打撃手袋の2本の指の部分を切ってバットを振る姿は痛々しい。村田ヘッド兼バッテリーコーチによれば、それでも志願して出場しているという。指揮官は「体の疲れはあったりなかったり、経験することが大事。1年間(試合に)出てこそ得るものがある。今は彼が軸。彼に最後まで託したい」と期待を寄せた。

 20日現在、打率.308、31本塁打、95打点。史上最年少となる22歳シーズンでの3割30本100打点は目前だが、打率は死球からジワジワ落ちてきた。しかし、ここで休んでしまえば、100打点に届かない。借金8ながら辛うじて3位にいるチームが、このまま3位を死守してCSへ進めるか。若き4番の復調がカギを握るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    セイン・カミュは事務所独立問題がこじれ芸能界から消えた

  2. 2

    台風被害はそっちのけ…安倍自民“無能幹部”の呆れた実態

  3. 3

    “タブー”だった事務所移籍 安室奈美恵はなぜ成功したのか

  4. 4

    森田健作知事 元タレントなのに災害対応で存在感ゼロの愚

  5. 5

    お台場の海はなぜ汚いのか 水質を知り尽くす港区議が警鐘

  6. 6

    醜聞だらけ “火薬庫大臣”田中和徳の初入閣に地元もビックリ

  7. 7

    CMや配信で復活の兆しも…「のん」が干された決定的な理由

  8. 8

    汚染処理水発言で物議 何でも屋は農業や社会保障も実績0

  9. 9

    田原俊彦が干された真相…「BIG発言」だけではなかった

  10. 10

    今季限り退任濃厚の楽天・平石監督と石井GMの本当の関係は

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る