G由伸監督初の会見拒否から一夜…手負いの岡本と心中決断

公開日:

 巨人は20日、ヤクルト戦が雨天中止となり、神宮の室内で練習を行った。打撃練習を見守った高橋由伸監督(43)は、DeNAに完敗した前日、就任3年目で初めて試合後の会見を拒否した。しかし、この日は穏やかな表情で報道陣に対応した。

 気になるのは4番の岡本和真(22)である。14日のDeNA戦で右手に死球を受けて以降、4試合で15打席連続無安打。負傷した親指と小指はテーピングでグルグル巻きにされているため、打撃手袋の2本の指の部分を切ってバットを振る姿は痛々しい。村田ヘッド兼バッテリーコーチによれば、それでも志願して出場しているという。指揮官は「体の疲れはあったりなかったり、経験することが大事。1年間(試合に)出てこそ得るものがある。今は彼が軸。彼に最後まで託したい」と期待を寄せた。

 20日現在、打率.308、31本塁打、95打点。史上最年少となる22歳シーズンでの3割30本100打点は目前だが、打率は死球からジワジワ落ちてきた。しかし、ここで休んでしまえば、100打点に届かない。借金8ながら辛うじて3位にいるチームが、このまま3位を死守してCSへ進めるか。若き4番の復調がカギを握るのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

  2. 2

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  3. 3

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  4. 4

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  5. 5

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  6. 6

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  7. 7

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  8. 8

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  9. 9

    13勝左腕ガルシアと破談…怒り心頭の中日が疑う“巨人の影”

  10. 10

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

もっと見る