OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

公開日: 更新日:

 巨人が弱い。

 17日の中日戦に敗れ、借金は7。15日に球団ワーストタイの4年連続V逸が決定している。

 先週12日に山口寿一オーナー(61)が「十分にチームを整えて監督には腕を振るってもらいたいと考えている」と高橋由伸監督(43)の来季の続投を示唆した。そこからチームは1勝4敗1分けと失速。こんなに負けても、現在クライマックスシリーズ(CS)に出場できる3位ではあるが、一気に最下位集団にのみ込まれ、予断を許さない状況だ。1975年に1度しか経験がない最下位も1.5ゲーム差に迫っている。

 V逸の最大の要因として救援陣の弱さがやり玉に挙げられる。しかし、ケチのつき始めは、フロントの補強失敗である。

 球団は昨季登板ゼロの沢村やマシソンの勤続疲労など、未知数な部分の多い救援陣が危機的状況に陥ることを予測していた。だからこそ、FAで守護神候補の日本ハム増井の獲得に乗り出したが、あっさりフラれ、オリックスとの争奪戦に敗れた。その“代役”として西武からFA補強した野上は、開幕から9試合に先発。4勝4敗、防御率5.07で、約2カ月の二軍生活を経て中継ぎに配置転換となっている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  4. 4

    最高月収1200万円…オネエタレントの山咲トオルさんは今

  5. 5

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  6. 6

    フジ「QUEEN」は苦戦中 竹内結子に課せられた“ウラの使命”

  7. 7

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  8. 8

    即戦力推進も…オスカープロモーションは新たな試練の時期

  9. 9

    NHK「まんぷく」でまた脚光 東風万智子に“再改名”のススメ

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る