実は攻撃的 稲森佑貴の初Vがあぶり出す日本ツアーの問題点

公開日: 更新日:

【日本オープン】

 主催者が出場要請した松山英樹にフラれ、メジャータイトルを持つA・スコットは通算6オーバー50位に終わり、前年覇者の池田勇太は予選落ち――。

 活躍が期待された注目選手の見せ場が少なかった今大会は、首位発進の稲森佑貴(24)が68で回り、通算14アンダーでツアー初優勝を果たした。

 高校2年生で挑戦したプロテストに合格して8年目。

 フェアウエーキープ率は2015年シーズンから首位の座を守り続け、「ティーショットが曲がらないプロ」として知られるが、その一方でドライバー飛距離は274.7ヤード(ランク91位)。“飛ばし”は例年ランク90位台の常連であり、どちらかといえば地味なタイプのプロだ。

 最終日はボギーが先行するも、「9番で長いバーディーパットが入ってから流れに乗り、後半は落ち着いてプレーできた」(稲森)と、パープレーで折り返したインでは3連続を含む4バーディー(1ボギー)を決めて逃げ切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  5. 5

    大谷はFA権取得前に放出か トラウト472億円契約延長の波紋

  6. 6

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

  7. 7

    大船渡・佐々木に阪神熱視線で…“藤浪の二の舞”懸念する声

  8. 8

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  9. 9

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  10. 10

    パ球団トレード打診も…阪神は藤浪を“飼い殺し”にするのか

もっと見る