実は攻撃的 稲森佑貴の初Vがあぶり出す日本ツアーの問題点

公開日:

【日本オープン】

 主催者が出場要請した松山英樹にフラれ、メジャータイトルを持つA・スコットは通算6オーバー50位に終わり、前年覇者の池田勇太は予選落ち――。

 活躍が期待された注目選手の見せ場が少なかった今大会は、首位発進の稲森佑貴(24)が68で回り、通算14アンダーでツアー初優勝を果たした。

 高校2年生で挑戦したプロテストに合格して8年目。

 フェアウエーキープ率は2015年シーズンから首位の座を守り続け、「ティーショットが曲がらないプロ」として知られるが、その一方でドライバー飛距離は274.7ヤード(ランク91位)。“飛ばし”は例年ランク90位台の常連であり、どちらかといえば地味なタイプのプロだ。

 最終日はボギーが先行するも、「9番で長いバーディーパットが入ってから流れに乗り、後半は落ち着いてプレーできた」(稲森)と、パープレーで折り返したインでは3連続を含む4バーディー(1ボギー)を決めて逃げ切った。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    熱愛ゼロの草食ぶり…新垣結衣は私生活でも獣になれない?

  2. 2

    志村けんの「酒・カネ・オンナ」68歳の優雅な独身貴族生活

  3. 3

    “質問無視”連発の河野外相 政治資金で「外食三昧」の日々

  4. 4

    セクゾ松島もパニック障害…ジャニーズで病欠が相次ぐワケ

  5. 5

    キンプリ早くも「嫌いなジャニーズ」に…なぜアンチ多い?

  6. 6

    実力は和牛でも…霜降り明星「M-1優勝」のメンタルを分析

  7. 7

    市場に流れる日産「上場廃止」説 “積極退場”の仰天情報も

  8. 8

    賀来賢人「今日から俺は」が日テレドラマのトップ走るワケ

  9. 9

    事件、退所、病気…ジャニーズ内の光と影が鮮明だった一年

  10. 10

    肺病の赤ん坊に客が1stクラスを 母親の感謝投稿に圧倒共感

もっと見る