日本オープン2日目に“横浜の罠” スコアメーク苦しんだワケ

公開日: 更新日:

【日本オープン 2日目】

 31位発進のアマの桂川有人(日大2年)が、12番から17番まで5バーディー、1イーグルの猛攻で8アンダー。一気に単独首位に立ったが、これは例外。この日は初日のバーディーラッシュが一変。多くの選手がスコアメークに苦しんだ。

 現地で取材した並木俊明プロが言う。

「午前は少し強い風が吹きましたが、プレーに大きく影響するほどではなかった。スコアが伸びなかったのはピンポジションが左右の厳しいところに切られていたからです。グリーンは足跡が残るほど軟らかく、ボールはよく止まります。しかし、グリーンの端から5ヤード以内にカップが切られているホールが10ホールもあった。改修前の2グリーンの横浜CCはよくプレーしましたが、今は1グリーンで周囲の芝は短く刈られている。正確なショットを打たなければグリーン脇へ転がり落ちる。手前や奥にこぼれるホールもあり、グリーン周辺の刈り込まれたスロープが効いていました。2日目はスコアを少し抑えようとしたのではないか」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  2. 2

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  3. 3

    急なトイレのピンチ…少女を救った大学生2人に拍手喝采!

  4. 4

    西村まさ彦“円満離婚”は大ウソ…乳がん患う妻に強要の冷酷

  5. 5

    星野源「MIU404」での変幻自在 “平匡さん”から演技ガラリ

  6. PR
    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

    在宅ワークにSOYJOYを激推ししたい理由

  7. 6

    泉佐野市“ふるさと納税バトル”逆転勝訴 安倍強権が赤っ恥

  8. 7

    山田哲に大瀬良まで…巨人が狙う“総額60億円”FA補強プラン

  9. 8

    異臭の次は房総半島の揺れ…首都直下地震“接近”の状況証拠

  10. 9

    小池都知事の“コロナ独裁”で東京発の第2波が全国拡散危機

  11. 10

    カギは山本太郎票 IOCが気がかりな東京都知事選の「数字」

もっと見る