7試合連続予選落ち三浦桃香が2位発進 復調はパット次第

公開日: 更新日:

【富士通レディース】

 前週まで7試合連続予選落ちの三浦桃香(19)が5バーディー、1ボギーの68で回り、首位から1打差の2位につけた。

 不振の原因はパターだという。

「見ている人は分かると思うのですが、(今日も)パターがかなりひどかった。ショットはすごくよくなりました。女子オープンの時間をオフにして、ショットばかりすごく練習しました。(でも、まだ)パターが、あ~という感じなんですよね」

 もちろん練習はしている。

「とりあえず自信をつけるために50センチ、60センチをカップに入れる。入れることだけを意識して、ちょっとずつ距離を延ばしていくような感じでやっていますが、(距離が)1メートルで止まってしまうんです」


 前半戦は優勝争いに顔を出し、チャーミングな笑顔で男性ファンも増えたが、後半戦大失速。12戦中10戦で予選落ちだ。賞金ランクはもっか78位。シード権(50位以内)にはまだ遠い。

 最終戦のツアーチャンピオンシップを除けば、今季はあと6試合。この試合で優勝すれば話は早いのだが……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    南野陽子再ブレーク!「半沢直樹」で狙いのねっとり関西弁

  2. 2

    軽率さ変わらぬ石田純一 東尾理子に見放され離婚へ一直線

  3. 3

    「半沢直樹」新ステージは“vs東京乾電池”柄本明より注目は

  4. 4

    安倍首相の体調不良説に拍車 高級ジム滞在「3時間半」の裏

  5. 5

    コソコソ逃げる安倍首相は、なぜそんなに会見が嫌なのか?

  6. 6

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  7. 7

    グロッキーな安倍首相 小池知事の“夏休み妨害”に怒り心頭

  8. 8

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  9. 9

    山下智久 現役JKお持ち帰り報道で忍び寄る“最悪シナリオ”

  10. 10

    「重症者数少ない」の落とし穴 4月緊急事態宣言前より深刻

もっと見る