「冠大会と変らない」日本オープンのコース設定にプロ苦言

公開日: 更新日:

【日本オープン 初日】

「初日を見た限りでは、冠トーナメントと変わらないですね」

 こう語るのは並木俊明プロだ。

 今大会が横浜CCで開催されるのは、1978年以来2度目。2014年からの大改修により、2グリーンが1グリーンとなり花道は消えた。グリーン回りの斜面は刈り込まれボールが転がり落ちるようになった。

 ところが、戦略性が高くなったといわれるこの“新コース”、初日はバーディーの山。今は本調子と言えない49歳の藤田寛之が6連続を含む8バーディー、1ボギーの7アンダーの首位タイだから「自分でもビックリ」と言うのも当然だろう。

 同じく7アンダーのB・ジョーンズも「日本オープンの最初の10ホールで7アンダーはなかなか出せないので、素晴らしいスタートになった」と上機嫌。このジョーンズは14番(パー5)でドライバーを左ラフに入れても、残り220ヤードの距離を7番アイアンでピンそば1メートルにつけてイーグルを奪っている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    平成最後の欧米歴訪で総崩れ 令和外交はドン底から始まる

  2. 2

    巨人新守護神クック離脱に専門家「むしろ好機」と指摘の訳

  3. 3

    「集団左遷」初回13.8%も…福山雅治“顔芸”への違和感

  4. 4

    オード―リー春日は貯金7億? 10年愛実らせた“どケチ伝説”

  5. 5

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  6. 6

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  7. 7

    まだ“愛の巣”で生活か? ZOZO前澤社長&剛力彩芽の近況

  8. 8

    「勝利の方程式」崩壊危機…巨人が狙う“抑え助っ人”の名前

  9. 9

    「視聴率の女王」米倉涼子もビビらせた黒木華“怪演”の源泉

  10. 10

    演技より気になる…長谷川京子「ミストレス」での“唇と顔”

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る